AdSense Managerは、ワードプレスにGoogle AdSenseの広告を簡単に挿入できるプラグインとして使い勝手が良いですね。

 

しかし賢威7からの新機能「共通コンテンツ」を使えばAdSense Managerの代わりになります。

 

賢威7を使っているならばAdSense Managerよりも「共通コンテンツ」で広告コードを挿入する方法をおすすめしますので、その理由とともに設定方法を紹介します^^

 

賢威を使ってない場合はWP QUADSというプラグインがおすすめです。

AdSense Managerの代わりにWP QUADS!設定方法と使い方を解説!

 

AdSense Managerを使わず賢威7「共通コンテンツ」で広告を挿入した方がよい2つの理由!

賢威7のテンプレートを使っているならば、AdSense Managerよりも賢威の「共通コンテンツ」という機能を使って広告コードを挿入することをオススメします。

その理由は2つあります。

WordPressに導入するプラグインは1つでも少ない方が良い!

ワードプレスのプラグインはとても便利な半面、プラグイン同士の相性が悪いと不具合が生じてしまいます(>_<)

 

そのため、導入するプラグインは1つでも少ないに越したことはありません。

 

賢威7に代わりとなる機能がついているので、こちらを使うことをオススメします。

AdSense Managerは5年前から更新されていないため不安が残る

AdSense Managerは、最近までプラグイン名で検索すれば1番目に上がってきたのに、近頃は作成者名(Martin Fitzpatrick)で検索しないと見つかりません。

また、サーバーのPHPバージョンと互換性がなく、一時的にPHPバージョンを下げないと設定することができません。

 

これらのことが、AdSense Managerの更新が5年前で止まっているということに関係があるかはハッキリしていませんが、私は無関係ではないと考えています。

 

以上2つの理由から、賢威7を使っているのであれば「共通コンテンツ」の機能をAdSense Managerの代わりとして使うことをおすすめします。

 

関連記事

AdSense Managerが見つからない?検索されない時の対策はコレ!

AdSense ManagerでImportをクリック時にFatal errorが出る?

AdSense Managerを使わず賢威7「共通コンテンツ」で広告を簡単に挿入する方法を画像で解説!

AdSense Managerの設定は、GoogleのAdSense一次審査が通っている(広告コードを保有している)ことが前提となります。

下準備

まずは下準備として、Wordやメモ帳など(何でも良いです)

<p style=”text-align: center;”><span style=”color: #999999;”>スポンサーリンク</span></p>

または

<p style=”text-align: center;”><span style=”color: #999999;”>広告</span></p>

をペーストしておいてくださいね。

 

この下準備をする理由は2つあります。
1つ目は広告を画面の中央に表示させるタグとして。
2つ目はアドセンス広告の規約で「誤クリック防止のために広告またはスポンサーリンクという広告ラベルであれば表示させても良い」ことになっているからです。

逆に広告またはスポンサーリンクというラベルは表示しなくても良いのですが、私は「誤クリック防止の意味でラベルを付けた方がブログ読者にとっても親切かな」と考えます。

ちなみに、少し前まではSponserd Linkまたはスポンサーリンクの記載を入れて下さいと義務化されていましたが、2017年6月現在は入れなくてよい運用となっています。

 

これで下準備は終わりです。

Google AdSenseで広告コードを取得

Google AdSenseにログイン。「広告の設定」→「広告ユニット」を順にクリック。

 

取得するコードは「記事内広告」がおすすめです。

初めて「記事内広告」のコードを取得する場合はスグ次に進んでください。

以前に「記事内広告」のコードを取得したことがある場合は、少し下の【「記事内広告」を取得したことがある場合】まで飛んでください。

初めて「記事内広告」を取得する場合

賢威7の共通コンテンツで広告を表示させる方法

「新しい広告ユニット」をクリック

 

賢威7の共通コンテンツで広告を表示させる方法

「記事内広告」をクリック

 

賢威7の共通コンテンツで広告を表示させる方法

 

賢威7の共通コンテンツで広告を表示させる方法

「広告ユニット名」を適宜つける

広告ユニット名は、自分で管理しやすい名前でOKです。

例えば、「◯◯サイト記事内広告」など

他の設定はデフォルトで大丈夫ですが、変更したい場合は適宜変えてみてください。

 

 保存してコードを取得  をクリック

 

少し下の【メモ帳に貼り付け】という項目に飛んでください。

「記事内広告」を取得したことがある場合

「コードを取得」をクリック。

 

メモ帳に貼り付け

賢威7の共通コンテンツで広告を表示させる方法

「コードスニペットをコピー」をクリック

 

先ほど下準備の段階でWordやメモ帳に貼り付けておいた

<p style=”text-align: center;”><span style=”color: #999999;”>スポンサーリンク</span></p>

または

<p style=”text-align: center;”><span style=”color: #999999;”>広告</span></p>

の下に、コピーした広告コードをペースト。

 

コードがこのような感じ↓になればOKです。

<p style=”text-align: center;”><span style=”color: #999999;”>スポンサーリンク</span></p>
<center><script2c aaaaaabccscript>
<– 12345678う90 —
<dffpka5$g ???aaaa”
stいjafoijediあdalj:bojhいk”
jda6-ald-1lkdtd=”aaaaaaaaaa
oお0dafa-tjfareif”rectangle”>v
</script></center>

 

続いては、貼り付けを行います。

WordPressの「共通コンテンツ」にペースト

WordPressのダッシュボードの

共通コンテンツ,賢威,設定

「共通コンテンツ」→「新規追加」をクリック

 

「テキスト」タブをクリック

共通コンテンツ,賢威,設定,AdSense Managerの代わり

タイトルを入力(「広告」や「広告コード」が適しています)

本文の枠内に、先程コピーしておいたコードをペースト

 

「ビジュアル」タブをクリック

共通コンテンツ,賢威,設定,AdSense Managerの代わり

2行ずつムダに改行されているので(当記事ではブルーの線で示しましたが実際には線は表示されていません)BackSpaceキーまたはDeleteキーで改行を削除

 

共通コンテンツ,賢威,設定,AdSense Managerの代わり

このようにする。

 

下の方へスクロールし、「投稿用ページのボタン表示」のところの

共通コンテンツ,賢威,設定,AdSense Managerの代わり

表示するをクリック

 

 保存する  をクリック

 

これで、共通コンテンツの設定は終わりです。

お疲れ様でした^^

賢威の「共通コンテンツ」の記事作成画面での使い方を画像で解説!

賢威7テンプレートを入れているWordPressで記事を作成する時に「共通コンテンツ」を活用する場合は、2通りの方法が使えます。

ショートコードをコピペ

WordPressダッシュボードの

共通コンテンツ,賢威,設定,AdSense Managerの代わり

「共通コンテンツ一覧」→「共通コンテンツ一覧」をクリック

 

共通コンテンツ,賢威,設定,AdSense Managerの代わり

ショートコード(この記事の場合[ cc id=79 ])をコピー

 

記事内の広告を表示させたい場所に貼り付ける

 

例)

〜〜だと思いました。

[ cc id=79 ]

○○については〜〜です。

 

この状態でプレビューしてみると

共通コンテンツ,賢威,設定,AdSense Managerの代わり

このような感じで広告が表示されています^^

時短の方法

この方法の場合、毎回コピーしてくるのは大変なのでパソコンに単語登録しておくことをおすすめします。

私のパソコンの場合は、ツールバーの

単語登録

「あ」をクリック →「単語登録」をクリックして『あど』という読みで登録しています。

 

読みは『こう』などでも良いでしょう。(『こうこく』だと4文字も打つことになって、あまり時短にならないのでオススメしません)

パソコンや文字入力システムの環境によって違うかもしれませんが、参考までにどうそ^^

テキストモードにしてボタンをクリック

ビジュアルモードで普通に記事を書き

共通コンテンツ,賢威,設定,AdSense Managerの代わり

「テキスト」タブをクリック

広告を入れたい場所にカーソルを持っていき

共通コンテンツ,賢威,設定,AdSense Managerの代わり

「広告」ボタンをクリック

「共通コンテンツ」→「新規追加」のところでタイトルを「広告」にしたため広告というボタンになっています。
もし「広告コード」というタイトルにしていたら、ボタンも「広告コード」という表示になっています。

 

再び「ビジュアル」をクリックすると

共通コンテンツ,賢威,設定,AdSense Managerの代わり

このような感じで広告コードが入っています。

 

プレビューしてみると

共通コンテンツ,賢威,設定,AdSense Managerの代わり

このような感じで広告が表示されています(*^^*)

さいごに

AdSense Managerとは使い方が少し違うため、はじめは戸惑うかもしれませんが、賢威7を使っているなら「共通コンテンツ」を使ってワードプレスにGoogle AdSenseの広告を挿入する方がおすすめです。

 

賢威を使ってない場合はWP QUADSというプラグインがおすすめです。

AdSense Managerの代わりにWP QUADS!設定方法と使い方を解説!

 

参考記事

【WordPressを断捨離】賢威7があれば設定不要なプラグイン7選!