ブログノウハウ

アドセンスのクリック率を上げるリンクユニット広告|私のクリック率があがった配置例&設置方法!

会社辞めたい人におすすめなネットビジネス(資産型ブログ)で起業した元OL美紀のメルマガ講座

トレンドアフィリエイトでマネタイズしていく上で1番メジャーなASP「Googleアドセンス広告」。

たくさんの種類があるAdSense広告の中でも、実際に私が試してクリック率が上がったリンクユニット広告について配置例や設置方法を紹介します。

アドセンス広告のクリック率を上げるならリンクユニット広告!

2019年5月追記

2019年4月のGoogleによる仕様変更で、リンクユニット広告が使えないユーザーが出てきています。

数ヶ月のうちに全ユーザーが使えなくなるようです。

https://behappier-miki.com/na-inkunit

リンクユニット広告とは?

アドセンスのリンクユニット広告とはこんな感じ▼で画像の広告ではなくテキストで表示される広告の種類です。

アドセンス広告のクリック率を上げるリンクユニット広告の設置の配置例は

 

リンクユニット広告が、おなじみのこちらの広告▼と大幅に異なる点は…アドセンス広告のクリック率を上げるリンクユニット広告の設置の配置例は広告が2回クリックされて初めて収益が発生するという点です。

 

こちらの広告▼を例に上げて説明しますと…アドセンス広告のクリック率を上げるリンクユニット広告の設置の配置例はまず例えば「隅田公園混雑状況」という文字がクリックされると、次に隅田公園に関連した広告が表示されます。
その広告がクリックされた時にやっと収益が発生します。

こんな風に2回に渡ってクリックされないと収益が発生しないなんて、ちょっとハードルが高そうに感じる方が多いかも知れませんね。
でも実際に私のクリック率は上がっています。

リンクユニット広告を設置し2ヶ月経った私のクリック率の推移

私がリンクユニット広告設置したのは2018年4月上旬(というか中旬に差し掛かろうとしていた頃)でした。

前年の4・5・6月とCTR(クリック率 -Click Through Rate-)を比較してみると…

アドセンス広告のクリック率を上げるリンクユニット広告の前年同月とのCTR比較

2017年4月:1.60% → 2018年4月:2.01%
前年比125%

2017年5月:1.51% → 2018年5月:2.03%
前年比134%

2017年6月:1.40%→ 2018年6月:2.02%
前年比144%

というように広告のクリック率が上がっています

 

クリック率が上がる理由を推測してみると、リンクユニット広告の特徴である
敢えてのテキスト
4択になっている
というデザインは心理的についクリックしたくなるんですね。

アドセンス広告のクリック率を上げるリンクユニット広告のオススメの配置例を紹介!

リンクユニット広告は2ヶ所貼るのがオススメですが、まず1ヶ所はサイドバーの最上部です。

アドセンス広告のクリック率を上げるリンクユニット広告の設置の配置例は

 

2ヶ所めは各記事のタイトル直下です。(記事タイトルとリンクユニット広告の間に更新日時やソーシャルボタンが来るのはアリ)

アドセンス広告のクリック率を上げるリンクユニット広告の設置の配置例は

こちらで紹介する方法で1度設定してしまえば、記事投稿の度にリンクユニット広告を設定する手間が省けます。

アドセンス広告のクリック率を上げるリンクユニット広告の設置方法!

万が一に備えてコードをバックアップ

WordPressダッシュボードの…「外観」をポイント
 ↓
「テーマの編集」をクリック

「個別投稿(single.php)」をクリック

アドセンス広告のクリック率を上げるリンクユニット広告の設置の配置例は枠内のコード(上図では赤枠で示した枠)を全てコピー

メモ帳やワードパッドなど(メモアプリなら何でもOK)にペースト

phpは大変センシティブな箇所ですので慎重に作業しましょう。

バックアップを取っておくことで、万が一コピペの作業を誤った場合は”この状態まで”戻すことができるので、現状のコードをメモ帳アプリやWord等にコピペしておくことをオススメします。

下準備

新たにメモ帳やワードパッドなどを立ち上げ、下記4パターンの内いずれかをコピペしておいてください。(選び方はすぐ下で説明します)

パターン1

<!– リンク広告ここから –>

<!– リンク広告ここまで –>

 

パターン2

<!– リンク広告ここから –>

<p>&nbsp;</p>
<!– リンク広告ここまで –>

 

パターン3

<!– リンク広告ここから –>
<p>&nbsp;</p>

<!– リンク広告ここまで –>

 

パターン4

<!– リンク広告ここから –>
<p>&nbsp;</p>

<p>&nbsp;</p>
<!– リンク広告ここまで –>

のいずれかをコピペしておいてください。

各パターンのところの

<!– リンク広告ここから –><!– リンク広告ここまで –> は、single.phpにコードを貼り付けた後で見た時にどこからどこまでが広告コードなのかを分かりやすくするために付けています。

目印で、後ほど削除します。

<p>&nbsp;</p>1行空けるために使います。

パターン1〜4の選び方

アイキャッチ画像を入れている場合、<p>&nbsp;</p>がないパターン1を選ぶと、このような↓感じでリンクユニット広告とアイキャッチ画像が狭くなりすぎます。アドセンス広告のクリック率を上げるリンクユニット広告の設置の配置例は

 

アイキャッチ画像を使っている方は、AdSense広告の配置に関するポリシーに抵触することを懸念してパターン2(下にスペースあり)を選ぶことをおすすめします。アドセンス広告のクリック率を上げるリンクユニット広告の設置の配置例はパターン2(下にスペースあり)だとこれぐらい↑の間を空けることができますよ。

 

リンクユニット広告のすぐ上にソーシャルボタンを設置している方も…アドセンス広告のクリック率を上げるリンクユニット広告の設置の配置例はこのように↑ソーシャルボタンと広告の間が狭いので、ポリシー違反を避けるためにパターン3(上にスペースあり)をおすすめします。

 

上にソーシャルボタンを設置していて、かつ下にアイキャッチ画像を入れている方はパターン4(上下ともにスペースあり)をおすすめします。

つまり、アドセンス広告と
クリック可能な要素(ソーシャルボタン)
画像
を遠ざける目的でパターンを選んでみてください。

なお、ソーシャルボタンもアイキャッチ画像も付けない場合は、(かなりレアケースかと思いますが)パターン1を選ぶことになります。

Google AdSenseで広告コードを取得

Google AdSenseにログイン。「広告の設定」→「広告ユニット」を順にクリック

賢威7の共通コンテンツで広告を表示させる方法新しい広告ユニット」をクリック

WP QUADSの設定方法「テキスト広告とディスプレイ広告」をクリック

アドセンス広告のクリック率を上げるリンクユニット広告の設置方法名前:適宜付ける

名前の付け方は?

link-adリンク広告などと付けたり、複数のブログを運営している場合は管理しやすくするために○○-linkunit○○リンクユニットなどと付けると良いですね。

広告サイズのところの矢印をクリック

アドセンス広告のクリック率を上げるリンクユニット広告の設置方法「リンク広告」をクリック

アドセンス広告のクリック率を上げるリンクユニット広告の設置方法「自動サイズ レスポンシブ リンク」をクリック

 ↓

「テキスト広告のスタイル」をクリック

アドセンス広告のクリック率を上げるリンクユニット広告の設置方法ブログに合ったデザインを選んだり
枠線・タイトル・背景を適宜変更

 保存してコードを取得 をクリック

 

これでコードを取得(コピー)することができました!
続いてペーストしていきます。

サイドバーにリンクユニット広告を設置するためウィジェットにペースト

WordPressダッシュボードの…「外観」をポイント
 ↓
「ウィジェット」をクリック

 

「テキスト」というボックスを右側へドラッグ&ドロップ

 

1番上にドラッグ

このウィジェット内での上下位置がそのままサイドバーでの上下位置になります。

アドセンス広告のクリック率を上げるリンクユニット広告の設置の配置例は「テキスト」のところの▼をクリック

テキストタブをクリックし…アドセンス広告のクリック率を上げるリンクユニット広告の設置の配置例は先ほどコピーしたコードを枠内にペースト

保存をクリック

アドセンス広告のクリック率を上げるリンクユニット広告の設置の配置例は「完了」をクリック

 

これでWordPressのサイドバーにリンクユニット広告を設置することが出来ました!

広告が表示されるまでに(1〜2時間ほど?)時間が掛かるので、今プレビューして確認しても広告サイズの真っ白なスペースがあるだけかと思います。

各記事タイトル下にリンクユニット広告を設置

なお、当記事で紹介する設置方法は賢威7クール版とスタンダード版で記事タイトル下に設置できると確認できている位置です。

下準備しておいたメモ帳にコードをペースト

先ほど4パターンから選んで下準備しておいたメモアプリの○を削除し…

パターン4を選んだ場合で解説

<!– リンク広告ここから –>
<p>&nbsp;</p>

<p>&nbsp;</p>
<!– リンク広告ここまで –>

○のあった場所にコードをペースト

こんな感じ↓になっていればOKです。

<!– リンク広告ここから –>
<p>&nbsp;</p>
コード コード コード コード コード コード コード コード
コード コード コード コード コード コード 
コード コード コード コード コード コード コード 
コード コード コード コード コード コード
<p>&nbsp;</p>
<!– リンク広告ここまで –>

上記を全てコピー

WordPressの個別投稿(single.php)にペースト

WordPressダッシュボードの…「外観」をポイント
 ↓
「テーマの編集」をクリック

「個別投稿(single.php)」をクリック

アドセンス広告のクリック率を上げるリンクユニット広告の設置の配置例は</header>の記述を検索

検索のしかた

コードが入っている枠内(枠内ならどこでもOK)を1回クリックしてから

Windows:Ctrlキーを押しながらF
Mac:commandキーを押しながらF

</header>の下にコードをペーストするために、エンターキーで1行空ける

アドセンス広告のクリック率を上げるリンクユニット広告の設置の配置例は</header>の下の行ににコードをペースト

 ファイルを更新 をクリック

 

これで、記事タイトル下にリンクユニット広告を設置することができました。

サイドバーの時と同様に、広告が表示されるまでに(1〜2時間ほど?)時間が掛かるので、今確認しても広告サイズの真っ白なスペースがあるだけかと思います。

さいごに

リンクユニット広告の設置は少し大変だったかもしれませんが、クリック率が上がる種類のAdSense広告ですので設置しておいて損はないですね!

 

なお、アドセンスはご存知の通り自己クリック禁止ですが…アドセンス広告のクリック率を上げるリンクユニット広告の設置の配置例はこの段階↑であればクリックしても違反にならないようです。(ここをクリックした次の段階の広告をクリックするのは違反です)

お疲れさまでした!

【プラグインなしでアドセンス広告が貼れる】賢威7共通コンテンツの設定方法! 賢威7に搭載されている「共通コンテンツ」という機能を使うと、WP QUADSなどのプラグインなしでGoogleアドセンスの広告コード...
【WordPressをスリム化!】賢威7があれば設定不要なプラグイン7選!ワードプレスでブログで賢威7のテーマ(テンプレート)を使っていればインストールしなくて済むプラグイン7つを紹介!断捨離しましょう。...


■読者限定コンテンツ「月収40万円のブログの始め方-HOW TO START A BLOG-」は第1通目でプレゼントしています。
■メルマガはメール内のリンクよりいつでも配信解除することができます。
■個人情報は厳重に管理し、プライバシーを遵守いたします。



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です