プラグイン

All in One SEO PackでSEO強化!設定方法&使い方を分かりやすく解説!

All in One SEO Packというプラグインは、WordPressブログのSEO強化してくれる便利なプラグインです。

All in One SEO Packはじめの設定は少し面倒に感じられるかもしれませがこちらの記事を見ながら一度設定してしまえば使い方自体は簡単ですので、一緒に設定していきましょう!

 

ただし賢威7のテンプレートを使っている場合、このプラグインは設定不要ですので、こちらの記事に従って設定をしてみてくださいね。
賢威7にAll in One SEO Packは不要と知り削除してみた!設定方法は?

All in One SEO Packとは

SEOというのはSearch Engine Optimization(検索エンジン最適化)の略で、Webサイトが検索結果でより多く・より上位に表示されるための取り組みのことを指します。

 

All in One SEO Packは、記事ごとにタイトルやキーワードを設定できてブログのSEO関連の管理ができるプラグインです。

 

主な機能は下記のとおりです。

  • ブログのタイトルやキーワードの設定
  • Google Analyticsのコードの設置
  • XMLサイトマップの生成機能
  • Search Consoleの認証
  • Google+の著作情報の登録
  • ソーシャルメディアのmetaタグ設定

All in One SEO Packの設定方法を動画で解説!

All in One SEO Packの設定方法を画像で解説!

画像でAll in One SEO Packの設定方法を解説していきます^^

All in One SEO Packのインストール

WordPress左側のダッシュボードで

「プラグイン」→「新規追加」を順にクリック。

 


「All in One SEO Pack」を検索。

「今すぐインストール」をクリック。

 有効化  をクリック。

「All in One SEO」→「一般設定」を順にクリック。

 

まず、画面をずーっと下の方へスクロールして「キーワード設定」のところの設定をします。

キーワード設定

All in One SEO Packの設定方法

キーワードを使用:「有効」をオン

画面を上にスクロールして上から設定していきます。

スクロールがちょっと面倒なのですが、まずキーワードの箇所ををオンにしないと表示されない箇所があるため、こんな操作になってしまいます。

一般設定

デフォルトのままでOKですが、「カノニカルURL」にチェックが入っていることだけは確認しましょう。

重複コンテンツ防止の効果がある箇所です。

 

 

このカノニカルURLという表記はCanonical URLというように英語になっていることもあります。

 

ホームページ設定

ホームタイトル サイトのタイトルを考えて入力。
ホームディスクリプション サイトの説明文を入力。
80〜120文字が良いとされています。
ホームキーワード

サイトをどんなキーワードで検索されたいかを考えて入力。

例)
バックパッカー,世界,旅行,自由
(カンマで区切って入力)

もしホームキーワードのボックス自体がない場合は、1番下のキーワード設定のところの キーワードを使用:「有効」をオンにしてからまたこちらに戻ってくるとボックスが表示されているはずです。

 

タイトル設定

固定ページタイトルフォーマット (|%blog_title%を消して)%page_title%だけ残す。
投稿タイトルのフォーマット (|%blog_title%を消して)&post_title%だけ残す。

何故このように「|%blog_title%」を消すかというと、|%blog_title%まで付いていることで検索結果に記事タイトルブログタイトルが両方表示されてしまうからです。

例えば
「世界中を旅するバックパッカーのブログ」というブログで
「カナダでオーロラがキレイなおすすめスポット!」という記事を書いたとします。

|%blog_title%まで付いていると、検索結果は
カナダでオーロラがキレイなおすすめスポット!|世界中を旅す…
というように
記事タイトル|ブログタイトルの途中まで
が表示されます。

検索結果にブログタイトルは表示されなくて良いと思うので、
|%blog_title%を消して、
「%page_title%」や「%post_title%」だけ残すのですね。

続いてNoindex設定をしていきます

Noindex設定

「カテゴリーをnoindexにする」のチェックを外す

「タグをnoindexにする」にチェックを入れる

 

以上でAll in One SEO Packの設定は終わりです。
お疲れ様でした!

All in One SEO Packの使い方

続いて、All in One SEO Packの使い方を解説します。

 

記事の作成画面の一番下にAll in One SEO Packの入力箇所があります。

タイトル

記事タイトルを入力。

文字数については数年前まで「タイトルの文字数は全角32文字前後が適切」とされていましたが、理由は「多くの検索エンジンで途切れずに表示されるのが32文字までだったから」です。
でも最近ではもっと長いタイトルでも表示されたり、逆に20文字程度しか表示されないスマホもあったりするので、32文字というのは目安として捉えればOKです。

ディスクリプション 記事の説明文を入力。
入力は任意ですが、検索エンジンでこのように↓表示される箇所なのできちんと入力していた方がクリック率が上がると言われています。
キーワード 検索キーワードを入力。
検索されたいキーワードを (カンマ)で区切って入力します。キーワード欄に入力した語句はタイトルや記事冒頭部分にも入れましょう。

 

NG例

タイトル カナダオーロラ綺麗スポットどこ
ディスクリプション ○月にカナダオーロラを見てきた時の旅行記です。綺麗に見られるスポットどこなのかを詳しく紹介します。
キーワード  カナダ,オーロラ,キレイ,おすすめ,どこ,スポット

NG理由:キーワードにおすすめが入っているのに、タイトルやディスクリプションに使われていない。

OK例

タイトル カナダオーロラキレイおすすめスポットどこ
ディスクリプション ○月にカナダオーロラを見てきた時にキレイに見られたスポットを詳しく紹介しています。オーロラを見てみたい方におすすめです!
キーワード

カナダ,オーロラ,キレイ,スポット,おすすめ

キーワードに入っている語句がきちんとタイトルやディスクリプションに入れられています。

これならOKです(*^^*)

さいごに

All in One SEO Packは設定が多くて大変だったかもしれません。

こちらの記事で紹介した設定はあくまで一般的なものですので、慣れてきたらカスタマイズしていっても良いと思います。
お疲れ様でした!

 

ただし、賢威7のテンプレートを使っている場合はこのプラグインは設定不要ですので、こちらの記事に従って設定をしてみてくださいね。
賢威7にAll in One SEO Packは不要と知り削除してみた!設定方法は?

 

2018年5月下旬のアップデート後にタイトルやキーワード欄が消える現象が報告されています▼
消えたAll in One SEOのタイトル/キーワード入力欄を表示する方法!