SEO効果について意見の分かれるところである画像の代替テキスト(altタグ)について、「画像の代替テキスト(altタグ)とは?」というところから解説していきます。

 

私の解釈だけでなく、Googleの見解も紹介していきます^^

画像の代替テキストとは?

画像の代替テキストとは 「記事に挿入した画像について説明するテキスト」のこと です。

具体的な用途としては

  • クローラーに対して、その画像が何についての画像なのかを伝える
  • ブラウザで 画像が表示されない/画像の読み込みが遅い 時に代替テキストを表示する
  • (主に視覚障害者の方が)音声ブラウザを使う時に代替テキストを読み上げる

というものがあります。

 

例えばこちらの画像を見て私たちは「バス停のそばに白鳥がいる」と認識できますが、クローラーからしてみれば何の画像なのかを認識できませんよね。

 

また、何らかの理由で 画像が表示されない/画像の読み込みが遅い 場合には、このように↓

バス停のそばで休む白鳥 代替テキストが表示されます。

また、音声ブラウザを使う場合には「バス停のそばで休む白鳥」と読み上げられます。

altタグにはSEO効果があるので活用しよう!

altタグというのは「代替(alternative -オルタナティブ-)」から来ている言葉で、代替テキストと同じ意味です。

 

最近「代替テキストはSEO面であまり意味がない」と書いてある記事を目にすることがたまにありますが、はたしてaltタグSEO効果はないのでしょうか?

いいえ、altタグにはしっかりとSEO効果があります^^

 

実際に、GoogleAnalyticsで検証しても画像検索結果からの流入はありますので、ぜひaltタグは活用していきましょう☆

 

ワードプレスでaltタグを付ける方法は、メディアライブラリの「代替テキスト」のボックスに入力すればOKですね☆

代替テキスト,altタグ

代替テキスト(altタグ)についてのGoogleの見解は?

Googleの代替テキストaltタグ)に関する見解を、先ほど紹介した白鳥の画像を例に上げて解説します^^

 

Googleの見解としては、代替テキストを「鳥」とするよりも「白鳥」とする方が良く、更には「バス停のそばで休む白鳥」というように、より具体的に記述するのが望ましいようです。

→ Search Consoleヘルプページの画像についての説明

 

また「バス停 休む 白鳥」よりも文章にした方が良い点については

ファイル名とalt属性は、簡 潔かつ説明的なものが理想的です。

引用元:検索エンジン最適化スターターガイド

と紹介されています。

代替テキスト(altタグ)を付ける上での注意点4つ!

SEO効果のある代替テキストaltタグ)ですが注意点が3つ、それに画像のファイル名に関する注意点が1つあります。

SEO効果を期待するあまり、代替テキスト(altタグ)をやみくもに使わない!

例えば

白鳥 販売 珍しいペット 育て方 エサ 

などのように、キーワード詰め込み型代替テキストaltタグ)にしてしまうとGoogleからスパム扱いされてしまいます。

代替テキスト(altタグ)を使った画像の近くには適切な文章を載せる!

ページ上の画像の周りにその内容(キャプション、画像のタイトルなど)を記述すると、画像の題材についての重要な情報が検索エンジンに伝わります。たとえば、自家栽培のトマトを紹介するページにシロクマの写真を載せると、polarbear.jpg の題材について、検索エンジンにわかりにくいメッセージを送ることになります。

可能な限り、画像のそばに適切なテキストを配置するようにしてください。また、わかりやすいタイトルやキャプションを画像に付けることもおすすめします。
引用元:SearchConsoleヘルプ(画像)

確かにGoogleさんのおっしゃる通りです。

トマトのページにシロクマの写真なんて、チグハグ感甚だしいですね!

アイキャッチとして付けるだけの画像に代替テキスト(altタグ)は不要な場合も!

記事の内容に直接関係のない、飾りの用途で付けている画像については代替テキストを付けないという意見が増えてきています。

この意見に私も同意します。

 

例えばフリー写真のサイトからダウンロードした高層ビルの画像に対して、あなたは

「就活時のコツ」

という代替テキストをつけたとします。

でも他の人は同じ画像に対して

「エレベーターを使わずにダイエット」

というaltタグを付けたとしたら、クローラーは混乱してしまい、SEO効果は期待できない訳です。

 

ただ、例えばイチゴに関する記事にイチゴのフリー写真を使いイチゴという代替テキストを使う分には、SEO効果が期待できるかと思います(^-^)

画像のファイル名は適切なものに!

こちらは代替テキストとは直接関係ありませんが、Googleのaltタグに関するページと同じページに記載があったので、併せて紹介しますね^^

ファイル名は、Google で画像の題材を知る手掛かりとなります。画像の題材がわかるようなファイル名を付けるようにしてください。たとえば、my-new-black-kitten.jpg(「我が家の新しい黒い子猫」という意味のファイル名)は IMG00023.JPG よりずっとわかりやすい名前です。わかりやすいファイル名はユーザーにとっても便利です。画像が見つかったページに画像に適したテキストが見つからない場合、ファイル名が画像のスニペットとして検索結果で使用されます。
引用元:SearchConsoleヘルプ(画像)

ファイル名は、面倒でもImage.jpgなどから変えることをおすすめします☆

 

ただし、あまりに長いファイル名も良くないとされていますので、ほどほどの長さの名前を付けましょう。

my-new-black-kitten.jpg程度であれば「長い」という判断にはならないようです。

さいごに

今回は画像の代替テキスト(altタグ)について、Googleの見解に基づいた私の意見を紹介しました。

 

  • 代替テキストにはSEO効果あり
  • altタグは単語ぶつ切りではなく説明文で
  • キーワード詰め込み型はNG
  • 画像の近くに適切な文章を
  • アイキャッチ画像に代替テキストは不要
  • (代替テキストの話ではないが)ファイル名は適切なものを

を意識して、適切にSEO対策をして行きたいものですね^^