黒枸杞(クコ)茶の画像スーパーフードとして知られるクコの実(英語:ゴジベリー)

 

その枸杞の実には、更に高い効能があると言われる黒色バージョンがあります!

 

今日は、黒枸杞の実(ブラックゴジベリー)の食べ方黒クコ茶の飲み方について、私の感想を交えて紹介します☆

 

味は意外なものに似ています(゚∀゚)

 

上記の写真は、黒枸杞の実にお湯を注いで30秒ほど経った状態のものです^^

時間の経過とともに綺麗なブルーからパープルへと変化していきますよ。

 

黒枸杞(クコ)の実《ブラックゴジベリー》の効能がすごい!

黒クコの実効能

  • 美肌・美白
  • アンチエイジング
  • 眼精疲労、老眼、近視、遠視など
  • 冷え
  • むくみ
  • 肩こり・腰痛
  • 肝機能向上
  • メタボ
  • 血糖値上昇の抑制
  • 抗ストレス
  • 内臓脂肪
  • 不眠
  • 尿道結石
  • 抗がん

など多岐に渡ると言われています^^

女性に嬉しい効能のあるスーパーフードですね。

 

 

ブラックゴジベリー(黒枸杞)の実にはアントシアニンがたっぷり含まれているのですが、その含有量は

ブルーベリーの20倍です!

 

このアントシアニン含有率は

黒枸杞全世界の自然植物の中で最高なんです☆

 

アントシアニン:
植物が、紫外線などから自身を守るために作り出す物質。
抗酸化作用(いわゆるサビるのを防ぐ作用)がある。

 

黒枸杞(クコ)茶の画像

お湯を注いで3分ほど経った黒クコ茶

黒枸杞(クコ)の実《ブラックゴジベリー》の食べ方は?

私は、黒クコ茶を飲んだ後の実を食べています。

 

お湯でふやけて柔らかくなったをヨーグルトに乗せて、ブラックゴジベリーヨーグルトとして食べていますよ☆

 

また、私はやったことありませんが普通のクコの実のように杏仁豆腐の上に乗せて食べても良いようです^^

黒枸杞(クコ)茶の飲み方は?

黒クコ茶の飲み方は、ティーポットにお湯を注ぐだけでなく煎じる(煮出す)のが正解のようです。

 

私はつい面倒で、ティーポットに黒枸杞の実を入れたらお湯を注いで手軽に飲んでしまっているので、効能を十分に受け取れていないかもしれません(^_^;)

黒クコ茶を煎じて飲む飲み方

この飲み方なら黒枸杞の効能を余すとこなく取り入れることができますね^^

初めに黒クコの実を刻む手間はありますが・・・

 

1.まず煎じる容器を用意する。
  (土鍋などの焼き物か、ガラス製のものが一番いい。ホウロウびきやアルミ、アルマイトのやかんでもよいが、鉄や銅のものは避ける。)

2.容器の中へ1日分の乾燥した刻み品をバラにして入れ、水を加える。
  水の量は大人で普通600mlぐらいである。

3.次に火にかける。火は中火より少し弱くする。
  10分か20分で沸騰してきたら火をさらに弱くして煮こぼれないようにして、軽く煮立つようにする。
  このとき容器のふたはとっておいてもよい。

4.容器の中の水の量が約半分に減ってきたら、火からおろし、ただちに茶こしガーゼなどで、「かす」をこして取り去る。
  カスを液体の中に入れたままにしてはいけない
  水の量が約半分に煮詰まるまでの時間は約40分位が最適で、そのように火加減をすると良い。
  水の量が半分になったのを知るには、煎じる前に刻み品と約半分量の水を入れ、その時の水分位置を覚えておくとよい。

5.約300mlまで煎じ詰めたら、朝、昼、晩と1日3回に分けて飲んでください。
  1回量は約100mlです。
  温かいうちに飲んだほうがいいですが、夏の暑いときなどは残りは冷蔵庫に保管し、服用前に温めなおして飲んでもよろしいです。

引用元:漢方生薬の中屋彦十郎薬局

 

私も、面倒でも黒クコはきちんと煎じて飲もうと思いました^^

黒クコ茶をお酒に漬けて飲む飲み方

煎じる以外にもお酒が好きな方にオススメな黒枸杞の飲み方があります!

  • 黒枸杞 1〜2g
  • ホワイトリカー 30ml

上記を容器に入れ、数時間漬け込んでから飲むだけです^^

 

ただしこのようにホワイトリカーに漬けた場合、半日以内に飲みきらないといけないようです。

黒枸杞の抗酸化作用が強すぎるため変色してしまうからだそうです☆

 

黒枸杞(クコ)茶の画像

黒枸杞(クコ)茶の味は意外なものに似てる!

黒クコ茶の味は、意外に思われるかもしれませんがあまりフルーティではありません

(実を食べればほんのりベリー系のフルーティさを感じますが)

 

黒クコ茶の味は金太郎飴に似ているんです^^

あの、切っても切っても同じ絵柄が出る金太郎飴です!

「金太郎飴をお湯に溶かして薄めたらあぁいう味なんだろうな」という味で、ほんのり甘みがあるんです!

 

変な感想かもしれませんが、他の友達も似てると言っているので「黒クコ茶の味は金太郎飴をお湯で薄めた感じ」と思っているのは私だけではないようです♪

黒枸杞(クコ)を摂る際の注意点は?

黒枸杞は、妊娠中や授乳中の摂取は避けるように言われています。

 

理由は、月経促進や人工中絶薬の作用をする成分(ベタイン)が含まれているためです。

 

いわゆるスーパーフードの中で「女性に嬉しい作用」がうたわれているものは、黒枸杞に限らず妊婦さんや授乳中の方は避けた方が良いことが多いですね。

さいごに

  • 効能は女性に嬉しいものが多い
  • アントシアニン含有率は世界最高
  • 飲み方は、煎じて飲むのが正しい
  • お酒に漬けて飲んでも良い
  • 妊婦さんや授乳中の方は避ける
  • 黒クコ茶の味は金太郎飴に似てる(笑)
  • 実を食べると若干フルーティな味

 

決してお安くはない黒枸杞の実ですが、ネットのレビューを見ても効能や色が綺麗だということには触れられていても味についてはあまり語られていませんよね。

 

そこで今日は「ブラックゴジベリーの効能が気になるけど味の感想が知りたい」という方のお役に立てれば良いなと思い、黒クコのことを記事にしてみました^^