JIN

テーマをJINに変更する際、広告非表示の時間を最短にする方法!-広告プラグイン不使用時-

プラグインを使わずにテーマ搭載のショートコード作成機能を使って広告コードを作っている場合は、JINを有効化してからJINの広告をアクティブにするまでの間に広告が表示されない時間が生じてしまいます。
(ちなみに私は賢威を使っていたので「共通コンテンツ」という機能を使って広告を表示させていました)

広告が表示されていない時間はなるべく短いに越したことないですし、JINと相性の悪いプラグインがあるとサイトが真っ白になる可能性もあるので

  • アクセスの少ない時間帯にテーマを変更する
  • JINが推奨してないプラグインは停止させておく

という点に気をつけて作業したいところですね。

JINの公式マニュアルはとても分かりやすいのですが、上から順番に設定していっても良いのは新規にWordPressを立ち上げた場合だけだと断言できます!!
Googleアナリティクスのリアルタイムがゼロなのを見て血の気が引いた私が言うので間違いありません。笑

まずは当記事の設定をしてから、JINの公式マニュアルに沿って設定していくことをオススメします。

また、広告やプラグイン以外にもテーマを変更する際に忘れがちなポイントを紹介します。

今のテーマでプラグインを使って広告を表示させている場合
WordPressのテーマをJINに変更する方法(3step)と真っ先にすべき設定!-広告プラグイン使用時-
を参考にしてみてくださいね。

テーマをJINに変更する前に準備しておきたいこと

まずは下準備をします。

広告コードをコピペして用意しておく

JINには「広告管理」という便利な機能があり、プラグインを使わなくても広告が表示できます。

ちなみに「広告管理」の設定箇所はこんな感じ↓で…JINの広告管理機能を設定する場所かなり細かく広告の設定ができます。

こんなにも項目がたくさんあるので、もしテーマをJINに変更してから…

アドセンスの画面でタイトル下用のコードを取得

WordPressにコピペ

アドセンスの画面で最初の見出し2の上用のコード(PC)を取得

WordPressにコピペ

アドセンスの画面で最初の見出し2の上用のコード(スマホ)を取得

WordPressにコピペ


繰り返し

という風にやっていると、広告が非表示になる時間が長くなり過ぎます(>_<)
そこで、あらかじめメモ帳アプリに広告コードをコピペしておくのがオススメです。

更にオススメな方法が…
もし広告を貼っていないJINを入れているWordPressを運営しているなら、そのWordPressの「広告管理」の欄に広告コードをコピペしておくと、入力箇所が分かりやすくなりますよ。

私は当ブログには広告を貼っていませんが、他にAdSenseブログを運営しています。
そのAdSenseブログにJINをインストールする際に、当ブログをメモ帳代わりに使いました。

手順は…

当ブログの「広告管理」の入力欄に広告コードを入力
(「変更を保存」はクリックしません。メモ帳代わりに入力するだけです。)

別タブでAdSenseブログを開く

当ブログとAdSenseブログを横に並べて表示

AdSenseブログにJINを入れたら、当ブログから広告コードをカット&ペースト

こんな感じでワードプレスのテーマをJINに変更する際に広告非表示の時間が短くなる設定方法ウィンドウを横に並べてコピペしていけば、入力する欄を間違えにくくなります♪

 

JINで設定できる広告箇所は…

  • 記事タイトルの下(PC)
  • 記事タイトルの下(スマホ)
  • 最初の見出し2の上(PC)336×280がおすすめ
  • 最初の見出し2の上(スマホ)300×250がおすすめ
  • 記事下(PC1)300×250がおすすめ
  • 記事下(PC2)300×250がおすすめ
  • 記事下(スマホ)300×250がおすすめ
  • 関連コンテンツユニット
  • 関連記事下(PC1)300×250がおすすめ
  • 関連記事下(PC2)300×250がおすすめ
  • 関連記事下(スマホ)300×250がおすすめ
  • インフィード広告(PC)
  • インフィード広告(スマホ)
  • 広告タグ(PCマガジンスタイル用)
  • 広告タグ(PCベーシックスタイル用)
  • 広告タグ(スマホベーシックスタイル用)

です。広告を表示させない箇所があれば「広告管理」の欄はブランクにしておけば良いので、お好みで設定してみてください。

広告コードの取得方法

Googleアドセンスにアクセス

画面左上のをクリック

広告の設定

広告ユニット

既存の広告ユニットの「コードを取得」をクリック
 または
「+新しい広告ユニット」から新たに広告ユニットを作る

Better Search Replaceのインストール

Better Search Replaceという文字列を置換えてくれるプラグインをインストールしていない方はインストールしておきます。

このプラグインは、前のテーマで使っていた広告コードを一括で削除するために使います。

JINの広告機能を使って広告を表示させる場合は、前の広告コードを消しておかないとブログ記事に[ad-code]みたいな感じのコードが表示されてしまいます。
かと言って1記事1記事コードを消していくのは面倒なので、この置き換えプラグインを使う訳ですね。

このプラグインは

  • WARNING: Make sure you backup database before using this plugin!
    使用前にバックアップを取るように

と警告が表示されています。
私はバックアップを取らずに実行してもエラーになったことはありませんが、くれぐれも自己責任でお願いいたします。

JINをインストール&有効化する直前にすること

JIN非推奨のプラグインを停止させる

JINが公式マニュアルで非推奨とうたっているプラグインを停止させておきます。

JIN公式マニュアルの「おすすめプラグイン」のページ↓に非推奨プラグインも載っています。
JINのおすすめプラグイン

JINをインストール&有効化

JIN公式マニュアルに詳しい設定方法が載っています。
JINをインストールする方法

JINを有効化した瞬間に前のテーマのショートコードが機能しなくなるので、広告が非表示になってしまいます。

JINを有効化した後

ここからの操作をスピーディに(でも間違えずに)行うことで、広告が非表示になっている時間を短くすることができます。

「広告管理」の欄に準備しておいたコードをコピペ

先ほどメモ帳アプリなどにコピーしておいた広告コードを、ワードプレスにペーストします。

JIN公式マニュアルに詳しい設定方法が載っています。
「広告管理」の設定をする

関連記事の設定

こちらはテーマ搭載の関連記事機能を使っていた場合のみに該当しますが…
前のテーマの時に関連記事プラグインを使っていなかった方は、JINを有効化した瞬間に関連記事も表示されなくなってしまいます。

サイト内の回遊率をあげるためにも、早めに設定しておきたいですね。

JIN公式マニュアルに詳しい設定方法が載っています。
「関連記事」の設定

Google Analyticsの設定

正確なデータ管理のために、アナリティクスも早めに設定しておきたいですね。

なお、設定し忘れた状態でリアルタイムを確認するとゼロになっているので「まさかペナルティでインデックス圏外に飛ばされた?」と焦ります。(体験談。笑)

JIN公式マニュアルに詳しい設定方法が載っています。
「Googleアナリティクス」の設置

Better Search Replaceで前のテーマの広告コードを削除

WordPressダッシュボードの…「ツール」をポイント →「Better Search Replace」をクリック

Search for 削除したい文字列を入力
Replace with ブランク(ブランクにすることで、文字列を削除することができます)
Select tables 全て選択
Windows:Ctrl + A
Mac:command + A
Run as dry run? チェックを外す

「Run Search/Replace」をクリック

これで、前のテーマで使っていた広告コードを削除することができました!

広告コードがあった箇所が1行ぽっかり空いてしまいますが、リライトするタイミングで改行を削除してくださいね。

他にもこんな使い方が!

吹き出しを使っている場合…

JINには吹き出し機能があるのですが、
吹き出しプラグインを使っていた場合はプラグインを停止した瞬間から…
or
テーマのプラグイン機能を使っていた場合はJINを有効化した瞬間から…

  • [char no=1 char=”美紀”]あいうえお[/char]
  • [char no=1 char=”美紀”]かきくけこ[/char]

みたいなショートコード丸出しの文字列が、ユーザー(読者)から見えてしまう状態になります。

JINの吹き出しのコードはこんな形式↓なので、

  • [ chat face=”○○.jpg” name=”美紀” align=“××” border=“△△” bg=“◇◇” ]文字列[/chat]

Better Search Replaceを使って置き換えることで解消できます!

まず…

Search for [char no=1 char=”美紀”]
Replace with [ chat face=”○○.jpg” name=”美紀” align=“××” border=“△△” bg=“◇◇”]

という風にコード前半を置き換えてから、次に…

Search for [/char]
Replace with [/chat ]

という風にコード後半を置き換えると、

美紀
美紀
あいうえお

こんな風にセリフの内容は保持したまま一瞬で吹き出しのショートコードを置き換えることができます!

コードの設定方法はJINの公式マニュアルで紹介されています。
「吹き出し(会話)」の作り方

さいごに

他のテーマからJINに効率よく変更する手順は

  1. メモ帳アプリに広告コードをコピペ
  2. Better Search Replaceをインストール
  3. バックアップ
  4. JIN非推奨のプラグインを停止
  5. JINをインストール&有効化
  6. メモしておいた広告コードを「広告管理」にコピペ
  7. (関連記事の設定)
  8. Google Analyticsの設定
  9. Better Search Replaceで、前のテーマの広告コードを削除

です。これで、広告が表示されていない時間を最短にとどめることができます!

この他の設定は落ち着いてじっくり行っても大丈夫ですので、JINの公式マニュアル(WordPressテーマ「JIN」の設定マニュアル)を参考にしながら素敵なサイトにカスタマイズしてくださいね。