こちらの記事ではWordPressにお問い合わせフォームを設置するためのプラグイン、Contact Form 7の設定方法を紹介します。

 

設定方法はとても簡単ですので、一緒に設定していきましょう^^

WordPressのブログにお問い合わせフォームをは不要?

お問い合わせフォームはWordPressを使う使わないに関係なく、どんなブログにおいても必ず設置しておくべきです。

 

何かしらの情報をブログで発信している以上、時にはその情報が間違っていたり古くなったり、またブログを読んで不快な思いをする人が全くいないとは言い切れませんよね。

そんな時に、ブログを読んだ人が情報発信者に直接コンタクトを取る手段となるのがお問い合わせフォームです。

 

もしお問い合わせフォームがなかったとしたら、読者さんはサーバー管理会社へ連絡を入れるかもしれませんし、Googleに直接報告して大ごとになってしまう可能性も出てきます。

 

読者さんの声をきちんと受け取って適切に対処できるよう、お問い合わせフォームは必ず設置しましょう^^

Contact Form 7でWordPressにお問い合わせフォームを作成する方法を動画で解説!

Contact Form 7でWordPressにお問い合わせフォームを作成する方法を画像で解説!

WordPressのダッシュボードからContact Form 7プラグインをインストールして有効化。

有効化までを画像で解説したページはこちら→WordPressにプラグインをインストールし有効化する方法

 

ダッシュボードの「お問い合わせ」→「コンタクトフォーム」を順にクリック。

 

「コンタクトフォーム1」に表示されている文字列をコピー。

 

ダッシュボードの「固定ページ」→「新規追加」を順にクリック。

 

タイトル 適宜つける。
「お問い合わせ」や「お問い合わせフォーム」などが一般的です。
パーマリンク 適宜変更。
ここではcontactにしています。
本文 先ほどコピーしておいた文字列をペースト。

 公開  をクリック。

 

以上で、最もシンプルなお問い合わせフォームをWordPressに設置することが出来ました。

 

しかし、この最もシンプルなお問い合わせフォームでは、スパムコメントが来てしまう可能性が高いという欠点があります。

次の項ではスパムコメントが来る可能性が少しでも低くなるように、チェックボックス入りのお問い合わせフォームを設置する方法を紹介します。

WordPressにスパムコメントが届きにくい お問い合わせフォームを作成する方法を画像で解説

スパムコメントが届きにくいチェックボックス入りお問い合わせフォームを設置するために、まず下記の文字列(12行あります)をコピーしておいてください^^

<P> お名前 (必須)

[text* your-name] </P>

<P> メールアドレス (必須)

[email* your-email] </P>

<P> 題名

[text your-subject] </P>

<P> メッセージ本文(必須)

[textarea* your-message] </P>
<p>フォームを入力したら「確認」にチェックを入れて<br />
「送信」ボタンをクリックして下さい。</p>

<p>[acceptance acceptance-499]確認</p>

<P>[submit “送信”]</P>

 

 

上記文字列をコピーしたら、ダッシュボードの「お問い合わせ」→「コンタクトフォーム」を順にクリック。

 

「コンタクトフォーム1」をクリック。

 

フォームタブが表示されていることを確認して既に入っている文字列を削除。

先ほどコピーしておいた文字列をペースト。

ちなみに、<p>フォームを入力したら「確認」にチェックを入れて<br />
「送信」ボタンをクリックして下さい。</p>の日本語部分は好きなように変更してしまってOKです^^

 保存  をクリック。

 

以上で、チェックボックス入りのお問い合わせフォームを作成することが出来ました。

 

あとはブログに設置するだけです。

もう少し^^

WordPressにお問い合わせフォームを表示させる方法

ダッシュボードの「固定ページ」→「固定ページ一覧」を順にクリック。

 

「サンプルページ」をクリック。

サンプルページは表示させる必要がないので、これから除外していきます。

 

アドレスバーでpost= のすぐ右の数字を確認し、メモするor覚える。

 

「外観」→「ウィジェット」を順にクリック。

 

左側にある「固定ページ」を右側へドラッグ&ドロップ。

 

固定ページのをクリック。

 

除外ページ欄に、先ほど覚えておいた数字を入力。

 

「保存」をクリック。

 

これで、ブログのサイドバーにお問い合わせフォームを設置することができました。

サンプルページもきちんと除外されています^^

実はサンプルページは削除してしまえば楽だったのですが、今後もし”サイドバーには設置しなくて良い固定ページ”が出てきた場合の応用になるかと思い、こちらでは除外する方法を解説しました。

 

最後に、自分でお問い合わせフォームからきちんと届くか確認してみましょう。

お疲れ様でした^^

さいごに

必ず設置しなければいけないお問い合わせフォームとはいえ、スパムコメントに悩まされるのは煩わしいですよね。

お問い合わせフォームにチェックボックスを1つ追加するだけで、スパムコメントが格段に減り、間接的に作業効率のアップを図ることができます^^