アールグレイとは?ダージリンとの違いというか、そもそも紅茶の茶葉の種類じゃないって知ってた?

Earl Greyアールグレイの紅茶って美味しくて、独特な香りに癒やされますよね。

ところでアールグレイとダージリンの違いについて気になっている方が多いようなんですが…

アールグレイという種類の茶葉があるわけではないんです。

スポンサーリンク

アールグレイとは?紅茶の種類じゃないってホント?

カフェやティーサロンのメニューには

  • ダージリン
  • アールグレイ
  • アッサム
  • ウバ
  • ディンブラ

のような感じで載っているので茶葉の種類かと思われがちですが、そうではありません。

アールグレイとは、紅茶の飲み方のスタイルを意味する言葉で、アールグレイという茶葉がある訳ではないんです。

 

仮に上記のティーサロンのメニュー表記をお米に置きかえると…

  • コシヒカリ
  • 炊き込みご飯 ←???
  • ササニシキ
  • あきたこまち
  • 龍の瞳

と書いてあるようなものなんです。

  • 中国
  • インド
  • セイロン(←スリランカの旧国名)

で採れた茶葉に、イタリア原産の柑橘「ベルガモット」で香りを付けて楽しむ飲み方のこと

\楽天で生の果実を売ってるショップを発見!/

生ベルガモット|国産

毎年9月下旬ごろから発売され、ほんの短期間だけしか購入できないようです。

あの独特の爽やかな香りはベルガモットなんですね♪

アールグレイとは?ダージリンとの違いは?

一方ダージリンは、茶葉の種類というか紅茶の産地の総称です。

ダージリン地方はインドの西ベンガル州に位置しています。

そして先ほどアールグレイ紅茶にベルガモットの香りを付けて楽しむ飲み方だと紹介しましたが…

茶葉の種類は問わないので『ダージリンのアールグレイ』というのも有り得るのです。

  • 実際にアールグレイに使われる茶葉は、中国の祁門(キーモン/キーマン)であることが多いです。

アールグレイの名前の由来は人名だった

グレイ伯爵(1764年-1845年)

画像出展元:Wikipedia

アールグレイの名前の由来は、国民からの人気が高く1830年代にイギリス首相を務めた紅茶好きで知られる第二代 Charles Grey チャールズ・グレイ伯爵です。

伯爵は英語でEarlアールで、文法的に敬称や肩書きは名前より先に来るので、

グレイ伯爵

伯爵グレイ

Earl伯爵 Greyグレイ

Earl Greyアール グレイ

となるんですね。

このグレイ伯爵が、紅茶にベルガモットで香り付けをする飲み方を発案した方だとされていますが…

次に、大人の事情が登場します。

大人の事情がなければアールグレイは今ごろ違う呼び名だった?

ここで登場するのが、ジョセフ・バンクスきょうという役人(1743年-1820年)です。

バンクスきょう

画像出展元:Wikipedia

紅茶にベルガモットの香りをつける飲み方を考案したのは、このバンクス卿だとも言われています。

にも関わらずバンクス卿の名前が使われなかった理由は

グレイ伯爵アールグレイの方がバンクス卿よりも国民に人気があったから。

歴史が違っていたら、つまりバンクス卿の方が国民から人気があったら、アールグレイは今ごろLord Banksロード バンクス -バンクス卿- と呼ばれているかも知れないんです。

アールグレイを飲む時にこれらの歴史上の人物にもちょっと思いを馳せてみてください。