Google

WordPressで、記事を新規で書いたりリライトした後はFetch as googleをしましょう!

・・・なんていうフレーズを聞いたことはないでしょうか?

 

こちらの記事では、「Fetch as googleとは何?」というところから、インデックスに送信するためのツールの機能や使い方を解説いたします。

 

Fetch as googleとはどんな機能のツールなの?

Fetch as googleとは、サイトの情報が検索エンジンにインデックスされるようにリクエストする機能のことです。

インデックスとは
Webサイトやブログの情報をGoogleのデータベースに登録することです。

例えば「Fetch as googleとは 機能 使い方」などというキーワードでネット検索した時に当記事が検索エンジンに上がってくるのは、当記事がインデックスされているからですね。

逆に、当記事がインデックスされていなければネットで検索しても「検索結果に上がってこない」ということになります。

 

インデックスをする役目を担うのが、クローラーと呼ばれるロボットです。

クローラーが巡回してきてWebサイトやブログの情報をGoogleに報告することで、インデックスが行われます。

 

Fetch as googleは英語で、日本語に直訳すると

  • Googleを連れてこい
  • Googleを呼んでこい

といった意味の言葉です。

 

実際の意味としては

  • クローラー連れてきてね
  • クローラー呼んできてね

といった意味の言葉です。

 

ただ、Fetch as googleはあくまで「クローラーさん、巡回に来てくださいね♡」というリクエストです。

当然「Fetch as googleしてるのに全然来てくれない」という時もあります。

 

とはいえ、

  • 記事を新規で公開した後
  • 記事をリライトした後

やっておいて損はない重要なアクションです!

Fetch as googleの「インデックスに送信」ツールの使い方を解説!

サーチコンソールにアクセス

 

Fetch as Googleのインデックスに送信機能の使い方

該当のURLをクリック

 

Fetch as Googleのインデックスに送信機能の使い方

「クロール」をクリック

 

Fetch as Googleのインデックスに送信機能の使い方

「Fetch as Google」をクリック

 

このページ↓をお気に入りに登録しておくとすぐにアクセスできるのでおすすめです!

Fetch as Googleのインデックスに送信機能の使い方

赤枠で囲ったBOXにパーマリンクを入力

 

パーマリンクとは
.com/より後ろの部分のことで、当記事(https://behappier-miki.com/fetch-as-google)で例えると
fetch-as-googleの部分です。

 

参照

【パーマリンク設定】WordPressでSEO的におすすめなのはカスタム構造!

 

この時、/fetch-as-googleというようにスラッシュを含めて入力すると、「リダイレクトされました」というエラーメッセージが出てインデックス送信ができませんので、スラッシュは含めないでくださいね。

他にも「リダイレクトされました」エラーが出る要因として多いのが、パーマリンクをコピペする際にスペースを入れてしまうケースです。

きちんとコピペしてるはずなのに「リダイレクトされました」エラーが出る場合は、無意識にスペースまでコピペしてしまっていないか、確認してみてください。

ただし、コピペの動作に問題がある訳でもないのに「リダイレクトされました」と出てFetch as Googleできないことが稀にあります。

そんな時は待つしかないですので、Fetch as Googleのことは一旦忘れて他の作業に取り掛かりましょう!

 

 取得  をクリック

 

ステータス(下図ので囲んだ部分)が完了になっていることを確認し

Fetch as Googleのインデックスに送信機能の使い方

「インデックス送信をリクエスト」をクリック

 

Fetch as Googleのインデックスに送信機能の使い方

「私はロボットではありません」の□
 と
「このURLのみをクロールする」の○をクリック

 

この時、画像認証のようなウィンドウが出ることがあります。

例)
車の画像を全てクリックしてください。等

これは、あなたがロボットではないことをGoogle側で確認するための操作なので、画面に出る指示に従って操作すれば問題なくインデックス送信することができます。

 

画像認証は、何件も連続してFetch as Googleをしている時に出現する場合もあれば1件目から出現する時もありますが、「ウィンドウが出てきたら、それに従う」と思っておけば大丈夫です。

 

 送信  をクリック

Fetch as googleで「インデックスに送信」する時の注意点は?

手軽にできる「インデックスに送信」ですが、注意したい点が2つほどあります。

1.「インデックスに送信」は1日の上限回数がある

Fetch as Googleで「このURLのみをクロールする」の操作は1日に10件までという上限が決められています。(2018年3月10日現在)

参照元:Google SearchConsoleヘルプ

 

以前は30日間に500件だったので、クロールを依頼できる件数は減ったことになります。

2.インデックスされないからといって何度も送信してはいけない

Fetch as Googleで「インデックスに送信」をしても、なかなかインデックスされない場合があります。

 

そんな時に何回も「インデックスに送信」をし過ぎると、スパム判定を受けてしまうので注意が必要です!

 

ちなみに私は、同一記事を3回ぐらいなら連続して「インデックスに送信」をしたことがありますが、スパム判定されたことはありません。

とはいえ、連続した動作はくれぐれも自己責任でお願いいたします!

さいごに

インデックスに送信ツールについて「Fetch as googleとは?」という基本的な部分から機能や使い方まで解説いたしました。

 

インデックスに送信」の機能は、数十秒の手間が掛かるものの

  • 記事を新規投稿した後
  • 記事をリライトした後

に使ったほうが良い機能です。

 

  • Fetch as Googleはあくまでリクエスト
  • インデックスされない場合でも何度もやってはいけない
  • 1日の件数に上限がある

ということを頭に入れた上で上手く使っていきましょう。