アフィリエイト

事件系ブログで長期的に稼ぐのは無理?放置で稼ぐ記事の書き方を学んできました!

放置でも稼ぐ事件系のブログの作り方セミナー

所属しているビジネスコミュニティ「LUMIASルミアス第二期」3回目のセミナーを受講してまいりました。

 

今回のテーマは「放置でも長期的に稼げる事件系ブログ記事の作り方」

講師は、同じLUMIASの仲間のRimリムさんです!!

 

セミナーを受講するまでの私は、事件系の記事を書くことについて

世間を騒がせた事件を扱うブログ記事は

  • 爆発力はあるけれど更新の手を止めてしまうとすぐPVが落ちてしまって長期的に稼ぐのは難しい
  • 常に速報に注目して(テレビやスマホに張り付いて)、何か事件が起きる度に記事を更新し続けないと稼げない

というイメージを持っていました。

 

でも、そんな私の常識はいとも簡単に覆りました。

事件系ブログで長期的に稼ぐのは無理なことではない!しかしポイントは押さえないと難しい!

放置で稼ぐのも無理じゃない!稼げる事件系のブログの作り方セミナー左)メンターの莉音りおんさん、右)Rimさん

 

すべての事件が長期的に稼げる事件だとは限りません。

 

Rimさんがセミナー内でおっしゃった、

事件は毎日起こるが、稼げるような事件は1日1個ない。

という言葉が、私には非常に印象的でした。

 

この言葉からも、起こった事件を深く考えずにポッと記事にしたからと言って、おいそれと稼げるようになる訳ではないということが伺えます。

 

では、どんな事件が長期的に稼げる事件なのか…?

というポイントを、Rimさんから余す所なくレクチャーしていただきました!

ショートレンジは捨てる(書かない)

Rimさんは何かの事件が起きた時

記事にするか書かないでおくか

の判断基準として

  • 事件後、裁判にまでなるか?
  • 裁判結果をマスコミが追って報道するほどの事件か?

という点に注目しているとのこと。

 

確かに、マスコミが報道しなくなれば人々の関心は時間とともに薄れていってしまうものですよね。

もちろん当事者にとっては一生忘れることのできない事柄です。

それでも(悲しいことではありますが)現実として人々の関心は薄れてしまうものですからね。

弱いものと強いものの立場がはっきりしている事件は要・見極め

虐待事件や学校のいじめ問題などがこれにあたります。

 

ただ全ての虐待事件やいじめ問題に人々の関心が長く集まり続けるかと言うと、そうではないとのこと。

本当に辛い内容しかロングレンジにならないのだそうです。

 

人々は「気の毒に…」と思いニュースに注目しますが、同時に(これも悲しいことではありますが)

  • 「最近このテの事件、多いよね」
  • 「またか…」

という思いも抱いてしまうものだからです。

ロングレンジになる事件かどうかは見極めが必要ですね。

加害者、被害者の肩書に意外性がある事件は書く

  • 当事者が有名大学
  • 家族が医者
  • 警察官
  • 政治家

など…

関係者の肩書が「普通」からかけ離れれば離れるほど、世間もマスコミも注目するし、マスコミも叩きやすかったりセンセーショナルに取り扱いがちですよね。

犯人が死亡した場合は書かない

犯人が自殺したり警察官に撃たれて死亡した等の場合は「ショートレンジに終わってしまう = 記事にしない」という判断になるそうです。

 

理由は

  • 被疑者死亡だと裁判にならない
  • 被疑者死亡だとマスコミもそれ以上追いかけない
  • 人々は「死を持って終わり」と考える

からだとか。

 

3つ目の

  • 人々は「死を持って終わり」と考える

について補足しますと…

 

○○事件の犯人が××年の刑期を終えて出所した

という場合、人々は犯人に対して「あんな事件を起こしておいて、今は普通の生活を送っているなんて許せない!」という感情を抱きやすいですよね。

その逆を考えると「犯人が亡くなっている」ということは、人々の感情にとって1つの区切りになるという訳ですね。

放置でも稼げる事件系記事の作り方で大切な三要素とは?

放置でも稼ぐ事件系のブログの作り方セミナー

ショートレンジで終わらない=長期に渡って読者から読まれる記事に必要な三要素についても、Rimさんは惜しみなくシェアしてくださいました。

1.情報

自分の人生に置き換えて戒めにするためにも、なぜこの事件が起こりどんな結末を迎えたのか、一部始終を知りたいと思うもの。

 ▼

読者が事件の経緯を知るためには、ある程度の情報量は必要。

逆に情報量が不十分だと読者に満足してもらえない

2.共感

人々は「こんな風に感じるのは自分だけ? …じゃないよね?」と世間との感覚を確認するような気持ちで

  • 知った情報に対する処理できない感情を消化する場所
  • 疑問や怒りや悲しみを共感出来る場所

を探し、自分の気持ちの代弁者を求めている。

3.整理

情報を提供し、共感を得ながら、読者の脳内を整理する気持ちで記事を書く。

 ▼

そのためには世間の多くの方の意見を知る必要がある。

 ▼

Rimさんが人々の意見を知るのために活用しているのはYahoo!コメント欄とのことでした!

Twitterには文字数制限があるが、Yahoo!コメント欄には濃い意見が載っている。

しかもRimさんと同じ意見の人が多い。
さらに、コメント欄への返信も読むことで反対意見を知ることもできる。

 ▼

ヤフコメで人々の意見を知ることの利点として…

反対意見も知った上で、「こういう意見(←反対意見)もあると思いますが、私はこう思います」と書くことでアンチコメント防止にもつながるそうです。

 

 

コメント欄から「この人前科あるよね」とか「Facebook見たけどヒドいよね」という情報にたどり着くことも。

 ▼

実際に調べてみると前科があったり、本人のFacebookが判明するなど。

 ▼

ライバルに差をつける濃い記事を書くことができる。

 ▼

裁判などのタイミングでもアクセスの爆発があり、安定的に稼げる

事件系の記事で「放置でも稼ぐ」Rimさん!最近の更新数はゼロ!

このようにRimさんが事件系に強いことから、コミュニティ内では刑事デカというニックネームで親しまれています。

 

驚くべきはデカの最近の更新数がゼロなのにも関わらず安定してOLの給料を超える月収を稼いでいるという点!

「事件・速報系はずっと書き続けなければ稼げないんじゃないか?」という私の勝手なイメージは見事に覆されました。

 

セミナー終了後の集合写真LUMIASのLポーズで)

ルミアスのセミナー

セミナー後の懇親会@Rimさんのご主人のお店

セミナーの後はLUMIAS恒例の懇親会にも参加してきました!

 

今回の懇親会の会場は…

メゾン心斎橋でのLUMIAS懇親会

Rimさんのご主人のお店。

 

大阪の中心地心斎橋にある、と〜ってもオシャレで素敵なお店でした。

世界観が…もう本当にドンピシャ好みすぎました(T_T)♡

メゾン心斎橋のホームページはこちら

メゾン心斎橋のインスタはこちら

 

Rimさんの公式サイトはこちらです▼
在宅ワークで主婦が経済的自由を得たBlog~ネットビジネス初心者が稼げるようになるまで~