こちらの記事では、取得したドメインをインターネット上に反映させ、WordPressで使えるようにするまでを解説します^^

 

ドメインはエックスサーバーで取得し、サーバーもエックスサーバーで契約したものという前提で説明いたします。ドメイン,WordPress,設定

取得したドメインをインターネット上に反映させる

エックスサーバーのサーバーパネルにログイン。

ドメイン,WordPress,設定「ドメイン設定」をクリック。

 

エックスサーバー,WordPress,設定「ドメインの追加設定」タブをクリック。

取得したドメイン名を入力。

「ドメインの追加(確認)」をクリック。

エックスサーバー,WordPress,設定「ドメインの追加(確定)」をクリック。

以上で、設定自体は完了しました。

 

ドメインがインターネットに反映されるのに早くて数時間、最長で2日ほどかかることもあります。

 

今アクセスしても

無効なURLです。
プログラム設定の反映待ちである可能性があります。
しばらく時間をおいて再度アクセスをお試しください。

または

サーバーを開けません。

という画面が出ているはずです^^

 

反映を待つ間に、エックスサーバーにWordPressをインストールする作業をしてしまいましょう。

エックスサーバーにWordPressをインストールする方法を画像で解説

エックスサーバーのサーバーパネルにログインしている状態で)

エックスサーバー,WordPress,設定「自動インストール」をクリック。

 

エックスサーバー,WordPress,設定「プログラムのインストール」をクリック。

WordPress日本語版のところの「インストール設定」をクリック。

「プログラムのインストール」タブをクリックしエックスサーバー,WordPress,設定

インストールURL インストールするドメイン
ブログ名 運営するサイトのブログ名(後で変更可能)
ユーザ名 好きな物を決めて入力(ログイン用のIDとなります)
パスワード 好きな物を決めて入力
メールアドレス サイト運営にあたり使用するメールアドレスを入力(後で変更可能)

 

エックスサーバー,WordPress,設定「自動でデータベースを作成する」をオン。

「インストール(確認)」をクリック。

 

エックスサーバー,WordPress,設定「インストール(確定)」をクリック。

 

この画面になったらOKです。
エックスサーバー,WordPress,設定

以上で、エックスサーバーへのWordPressのインストールは完了しました。

 

しかし今アクセスしても、引き続き

無効なURLです。
プログラム設定の反映待ちである可能性があります。
しばらく時間をおいて再度アクセスをお試しください。

または

サーバーを開けません。

という画面が出ているはずです。

 

しかしドメインがインターネット上に反映されてから上図赤枠内のリンクをクリックすると

このようなログイン画面が表示され、エックスサーバー,WordPress,設定

青枠内のIDとパスワードでWordPress管理画面に入ることができます。

IDやパスワードはメモを取っておくと良いですね。

さいごに

エックスサーバーでWordPressをインストールして使うなんて一見難しそうですが、実は意外に簡単なんですね。