オランダ(アムステルダム)の猫の博物館(Kattenkabinet)の外観画像

OL時代にオランダアムステルダム)へ出張へ行きました。

 

ネコ好き(というか動物全般好き 笑)な私がオフの時間を利用して絶対に行きたかったのが

  • 猫の博物館Het Kattenkabinet –カッテンカビネット -》
  • 保護猫のボートハウス《蘭:De Poezenbootドゥ ポーゼンボート、英:Catboat》

の2ヶ所でした!

 

こちらの記事では、猫の博物館へ行った時の感想を綴ります。

 

2016年時点での入館料アクセス、お得な入館料割引クーポンの情報も紹介いたします。

 

オランダ(アムステルダム)の猫の博物館 ≡KattenKabinet≡ とは?

猫の博物館とは、オランダアムステルダムのヘーレン運河沿いにある博物館です。

 

創設者はマイヤーさんという方で、かつて飼っていたモルガン三世という名の猫が亡くなったことを悼んで、1984年に猫の博物館を開館しました。

(建物自体は1669年に建てられた歴史ある建物です)

 

コンセプトは「全世界のあらゆる時代を通じて猫が芸術表現に関わってきたすべてを紹介する」です。

ちなみにちゃんのモルガンという名前は、アメリカのかつての大統領 J.P.モルガンからとったそうです!

猫の博物館のホームページはこちら(オランダ語/英語)

オランダ(アムステルダム)の猫の博物館 ≡KattenKabinet≡ の感想!

猫の博物館内の展示物は、あまりネタバレしても楽しみが減ってしまうといけないでしょうからあまり載せないようにしますね。

 

猫の絵画やオブジェが250点以上展示してあり、猫好きにはたまらない空間でした!

 

屋内と屋外(中庭)で同じポスターが展示してあることもあって、光のあたり具合で雰囲気が変わったり。

 

かわいい招き猫も展示してあって、日本人として誇らしい気持ちになりました〜!

オランダ(アムステルダム)の猫の博物館 ≡KattenKabinet≡ へのアクセスや入館料は?

猫の博物館へのアクセスについては、アムステルダムで泊まったホテルのコンシェルジュに聞いて、トラムで行きました。

 

前情報として「猫の博物館入り口が目立たないので通り過ぎてしまう人が多い」と聞いていたため、ちょっと慎重になり・・・

直前にお茶をしていたカフェの店員さんに地図を見てもらい、場所を確認してから行きました!

そのカフェから博物館までは50メートルほどの距離ですが、運河が入り組んだ街なので念には念を入れて。

 

結果的に、通り過ぎることもなく無事にたどり着くことができましたが、確かに猫の博物館オランダの街並みに溶け込んでいて入り口も間口が狭いので、見落としてしまう人が多いのも納得。

 

 

博物館は、受付で入場料を支払ってスグのところがクロークになっていてコートを預かってもらえます。

オランダ(アムステルダム)の猫の博物館 ≡KattenKabinet≡ へのアクセスは?

Het KattenKabinet(猫の博物館)へのアクセスをホテルのコンシェルジュに確認したところ「トラムで行くのが1番便利!」とのことで、私もトラムに乗って行きました。

 

トラムの料金や乗り方についてはこちらの記事にまとめました。

アムステルダムのトラムの乗り方は難しい?時間区切り切符の買い方や一日券の料金は?

 

猫の博物館-KattenKabinet-の基本情報

住所 Herengracht 497, 1017BT, Amsterdam
トラムでの
アクセス
16・24・25
カイザーフラフト(Keizersgracht)から徒歩3分
 TEL 020-626-9040
閉館日 月曜日
時間 平日 10:00-16:00 土日 12:00-17:00
カード Visa,Master,American Express

オランダ(アムステルダム)の猫の博物館-KattenKabinet-の入場料は?

入館料は、2016年時点で7euroでした。

 

ちなみに猫の博物館のミュージアムショップでお土産を買ったら、猫ドル札貰いました〜。

億ニャン長者〜〜!!

オランダ(アムステルダム)の猫の博物館のドル札

こちらのお札に印刷されているのは冒頭で書いたモルガン君です。

モルガンくんの15歳の誕生日を記念して作られたお札とのこと♪

 

本物の1ドル札には

  • In God We Trust(我々は神を信じる)

と書かれていますが、猫ドル札には

  • We Trust No Dog(我々は犬を信じない)

と書かれていますよ。

 

ユーモアたっぷりですね!

オランダ(アムステルダム)の猫の博物館 ≡KattenKabinet≡ の入場料が割引になる裏ワザはコレ!

冒頭で、この猫の博物館(Katten kabinet)ともう1ヶ所「猫を保護しているボートハウス(De Poezenbootドゥ ポーゼンボート)」を訪れたと書きましたが、そのポーゼンボートに猫の博物館の入場料が割引になる裏ワザがあったのです。

オランダ(アムステルダム)の猫の博物館のドル札

ポーゼンボートで、猫の博物館の入場料が50%割引きになるクーポンのついたリーフレットをもらうことができましたよ。

日程の都合が付く方はぜひポーゼンボートから先に行くことをオススメします!

 

私は日程的に猫の博物館へ先に行かなければならなかったので、割引の恩恵を受けることは出来ませんでした(;´Д`)

 

保護猫のボートハウスで寄付してきた時の様子はこちら

オランダの猫のボートハウス-保護施設-で寄付してみた!Poezenboot/Catboat

オランダ(アムステルダム)の猫の博物館 ≡KattenKabinet≡ には本物の猫もいる♡

下調べした段階で、猫の博物館には本物の猫ちゃんもいるということが分かったので「会えると良いな〜」とワクワクしながら向かいました。

 

受付で入場料を払った時に「ちゃん、今日いる?」と聞くと、スグ後ろにいました〜(о´∀`о)

猫ちゃんの名前は聞いたけど忘れてしまいましたσ(^_^;)

オランダ(アムステルダム)の猫の博物館のドル札

さいごに

今日は、2016年1月に訪れた、オランダアムステルダム猫の博物館について思い出を呼び起こしながら日記を書きました!

 

Kattenkabinetカッテンカビネット)は、好きさんならきっと気に入ってもらてる博物館だと思います。

 

アムステルダムを訪れた際は、ぜひ行ってみてくださいね。

 

保護猫のボートハウスの存在を知った数年前からココに寄付することを夢見ていましたが、今回のオランダ出張のおかげでついに念願叶いました!

オランダの猫のボートハウス-保護施設-で寄付してみた!Poezenboot/Catboat

【アムステルダム出張雑感】オランダ人は性格が良い?英語力も高く治安も抜群!