オランダ(アムステルダム)の猫の博物館(Kattenkabinet)の外観画像

私がOLをしていた2016年1月、オランダアムステルダム)へ出張へ行きました。

 

ネコ好きな私がオフの時間を利用して絶対に行きたかったのが

  • 猫の博物館Het Kattenkabinetカッテンカビネット -》
  • 保護猫のボートハウス《De Poezenboot》

の2ヶ所でした!

 

こちらの記事では、猫の博物館へ行った時の感想を綴ります(*^^*)

 

2016年1月時点での入館料アクセス、また入館料割引クーポンの情報も紹介します(^-^)

 

オランダ(アムステルダム)の猫の博物館-KattenKabinet-とは

オランダアムステルダムのヘーレン運河沿いにある猫の博物館の創設者はマイヤーさんという方。

 

かつて飼っていたモルガン三世という名の猫が亡くなったことを悼んで、「全世界のあらゆる時代を通じて猫が芸術表現に関わってきたすべてを紹介する」というコンセプトのもと1984年にオープンしました。

(建物自体は1669年に建てられた歴史ある建物です)

ちなみにちゃんのモルガンという名前は、アメリカのかつての大統領 J.P.モルガンからとったそうです☆

猫の博物館のホームページはこちら(オランダ語/英語)

オランダ(アムステルダム)の猫の博物館-KattenKabinet-の感想!

前情報として「猫の博物館の入り口は意外と目立たないので通り過ぎてしまう人も多い」と聞いていたため、

直前にお茶をしていたカフェの店員さんに地図を見せて場所を確認してから行きました(^ ^)

 

確かに猫の博物館は、オランダの街並みに溶け込んでいて入り口も間口が狭いので、見落としがちですね。

受付で入場料を払って「本物のちゃんは今日いる?」と聞くと、スグ後ろにいました〜(о´∀`о)

猫の博物館,オランダ,感想,入場料,入館料,アムステルダム,KattenKabinet

猫ちゃんの名前は聞いたけど忘れてしまいましたσ(^_^;)

猫の博物館内の展示物は、あまりネタバレしても楽しみが減ってしまうといけないでしょうからあまり載せないようにしますね(^_^)

 

受付入ってスグがクロークになってますのでコートを預かってもらえます(^-^)

絵画だけでなく、立体の展示物も沢山ありましたよ♪

かわいい招き猫ちゃんを見た時は、日本人として誇らしい気持ちになりました(≧∇≦)

オランダ(アムステルダム)の猫の博物館-KattenKabinet-へのアクセスや入館料について

猫の博物館へのアクセスについては、アムステルダムで泊まったホテルのコンシェルジュに聞いて、トラムで行きました(^_^)

 

余談ですが、私が初のオランダ旅行でオランダ人に持った印象は

  • 今まで30回以上海外を旅行した中で1番親切な国民性

というものです!!

 

慣れないユーロでの支払いに戸惑っていてもイライラされることも無ければ、道を訪ねた人がその場所を知らない場合でも「知らないわ」の一言で冷たくあしらわれることが1度もありませんでした。

 

貨幣に関しては「ユーロ慣れて無くて…」と言えば「どこから来たの?」などと聞いてくれる。

その人が知らない場所であれば通りすがりの人にも声を掛けて付き合ってくれる。

 

たった10日間の滞在でしたが、逆に10日間あたり1度も悲しい対応をされない国なんて、かつて経験したことがなかったので、しみじみとありがたかったです^^

 

それにオランダ人は全員英語が話せるので、オランダ語が分からない私でも安心でした。

オランダ(アムステルダム)の猫の博物館-KattenKabinet-へのアクセス

Het KattenKabinet(猫の博物館) 詳細

住所: Herengracht 497, 1017BT, Amsterdam
   トラムでのアクセス:16・24・25カイザーフラフト(Keizersgracht)から徒歩3分

TEL: 020-626-9040

閉館日:月曜日

時間: 平日 10:00-16:00 土日 12:00-17:00

カード:Visa,Master,American Express

オランダ(アムステルダム)のトラムの乗り方

Het KattenKabinet(猫の博物館)へは、トラムで行くのが1番便利とのことでした。

 

アムステルダム中心地を走るトラムは時間区切り乗り放題で、初めにチケットを買います。

チケットは主要駅またはトラムの車内で車掌さんから買うことができます。

 

途中のトラムストップから乗車するのであればトラム内の車掌ブースに車掌さんが必ず座っていました。

始発駅から乗る場合は、出発時刻ギリギリまで車掌さんが来てなくてブースが空っぽの時もありますが、座席に座って待ってれば大丈夫でした☆

 

トラムチケットは「どこからどこまで」という区間の概念でなく

  • 2時間
  • 24時間
  • 2日間
  • もっと長い日数(記憶が曖昧でスミマセン)

という、時間区切り。

 

アムステルダムっ子の乗客に聞いたら、乗車時刻ベースとのことでした☆

例えば
9:05に2時間のチケットを買ったとしたら、11:05までにトラムへ乗車すればOK。

 

なお、主要駅の自販機で買う場合はクレジットカードが使えましたが、トラム内で車掌さんから買う場合は現金のみでした。

オランダ(アムステルダム)の猫の博物館-KattenKabinet-の入場料

入館料は、2016年1月時点で7euroでした。

 

ちなみに猫の博物館のミュージアムショップでお土産を買ったら、猫ドル札貰いました〜 (≧▽≦)

 

億ニャン長者〜〜!!

 

こちらのお札に印刷されているのは冒頭で書いたモルガン君です。

モルガンくんの15歳の誕生日を記念して作られたお札とのこと♪

 

本物の1ドル札には

  • In God We Trust(我々は神を信じる)

と書かれていますが、ドル札には

  • We Trust No Dog(我々は犬を信じない)

と書かれていますよ☆

 

ユーモアたっぷりですね!

猫の博物館,オランダ,感想,入場料,入館料,アムステルダム,KattenKabinet

オランダ(アムステルダム)の猫の博物館-KattenKabinet-の入場料が割引になる裏ワザ

冒頭でこの猫の博物館(Katten kabinet)ともう1ヶ所「猫を保護しているボートハウス(ポーゼンボートPoezenboot)」を訪れたと書きましたが、そのポーゼンボートに、猫の博物館の入場料が割引になる裏ワザがあったのです☆

猫の博物館,オランダ,感想,入場料,入館料,アムステルダム,KattenKabinet
ポーゼンボートで、猫の博物館の入場料が50%割引きになるクーポンのついたパンフレットをもらうことができました。

 

ただ、私は日程的に猫の博物館へ先に行かなければならなかったので、割引の恩恵を受けることは出来ませんでしたが、日程の都合が付く方はぜひポーゼンボートから先に行くことをオススメします!

さいごに

今日は、2016年1月に訪れた、オランダアムステルダム猫の博物館について思い出を呼び起こしながら日記を書きました!

 

Kattenkabinetカッテンカビネット)は、好きさんならきっと気に入ってもらてる博物館だと思います。

 

アムステルダムを訪れた際はゼヒ行ってみてくださいね^^