賢威7でWordPressに目次を設定する方法が超簡単!プラグイン不要!で紹介した通り、賢威7の機能で目次を設定する方法は拍子抜けするほど簡単です。

しかし1つだけ難点があって、デフォルトのままでは目次を好きな位置に表示させることができないんですよね。

 

そこでこちらの記事では【目次を(最初の見出しの直前など)任意の位置に表示させる方法】を紹介します!

 

モチロンこの目次↓もプラグインを使わずにちゃんと賢威7で設定していますよ。

とっても簡単で、私にも出来ました!

 

賢威7のデフォルトの目次は位置が微妙!

賢威7の機能で目次を設定した場合、デフォルトのままだとこんな感じ↓で

賢威7で目次を好きな位置に表示させる方法

 

  1. 記事タイトル
  2. 目次(と記事上広告)
  3. 冒頭文

という順番になっていて、目次が記事タイトルの直下に来てしまっており、何だか落ち着きません(>_<)

 

 

理想的なレイアウト位置は、こんな感じ↓の

賢威7で目次を好きな位置に表示させる方法

 

  1. 記事タイトル
  2. 冒頭文(と記事上広告)
  3. 目次

という順番ではないでしょうか。

賢威7で目次を好きな位置(最初の見出しの前)に設定する方法を画像で解説!

このコード↓

<div id=keni_toc></div>

このコード↑

をコピー。

コピーのしかた

Windows:Ctrlキーを押しながらC
Mac:commandキーを押しながらC

Mikipedia時短ワザ

コピーやペーストなどは『右クリック→プルダウンメニューから選ぶ』よりもキーボードで操作したほうが、少しずつの積み重ねで時短になります。

賢威7で目次を好きな位置に表示させる方法

テキストタブをクリック

 

先ほどコピーしたコードを好きな位置にペースト。

 

たったこれだけなのですが、好きな位置と言われても見慣れないテキストモードではどこへ入れたら良いかがパッと探しにくいと思います。

 

そこで私が取っているオススメの方法を紹介しますね。

「好きな位置」といってもテキストモードだとごちゃごちゃして分かりにくい!

当記事では、目次を見出し1の直前に入れたいという前提で解説していきますね。

 

まずいつも通り冒頭文を書き、広告タグを打つ場合もいつも通り打ちます。

(普通にビジュアルモードで書いてOKです)

賢威7で目次を好きな位置に表示させる方法

次に、目印にするために例えば「目次」という文字を入力

 

目印にするための語句なのでどんな文字でも構いません。当記事では「目次」で解説しますが実際には「もくじ」と平仮名にした方が時短になるでしょう。

このコード↓

<div id=keni_toc></div>

このコード↑

をコピー

テキスト」タブをクリック

賢威7で目次を好きな位置に表示させる方法

 

先ほど目印として入力した目次という文字列を検索

Windows:Ctrlキーを押しながらF
Mac:commandキーを押しながらF

するとオレンジ色に目次と網掛けされるので分かりやすいですね。

 

<p>目次</p>をドラッグして選択しておく

賢威7で目次を好きな位置に表示させる方法

先ほどコピーしたコードをペースト

 

Mikipedia時短ワザ


<p>目次</p>をドラッグした後に、バックスペースやDeleteキーを押す必要はありません。

もちろん押しても構わないのですが、キー操作が1つ減ることで時短に繋がります。

これはWordPressだけでなくExcelやWordやiPhoneなどでも応用できますのでゼヒ実践してみてくださいね。

「ビジュアル」タブをクリック

賢威7で目次を好きな位置に表示させる方法

初めの見出しの上に先ほどまで無かったスペースが空いていればOKです。

 

プレビューして確認してみると、きちんと初めの見出しの上に目次が表示されているはずです。

さらなる時短ワザを紹介!

このコード↓

<div id=keni_toc></div>

このコード↑

を、お使いのパソコンに単語登録してしまうと更に時短できちゃいます。

 

登録する読みは、例えば「もく」等が適していると思います。

「もくじ」でも悪くないですが、ちょっと長いのであまり時短向きではないかもしれません。

 

パソコンや文字入力システムの環境によって違うかもしれませんが、参考までに私のパソコンの登録方法を紹介しますと…

ツールバーの「あ」のところをクリックし、

単語登録

 「単語登録」をクリックし、

  • 単語のところに<div id=keni_toc></div>と入力
  • よみのところにもくと入力

すると単語登録ができます。

 

実際に使う時は『もく』と入力すると、変換候補に

  • <div id=”keni_toc”></div>

のような感じで上がってきます。

 

単語登録は便利な機能なので、オススメです!

過去の投稿を自動で直す方法は?

残念ながら過去記事の目次の場所を自動で直したり一括で直す方法は無いようです。

 

リライトするタイミングなどでコツコツ直していくしかありませんね。

さいごに 

今日は、賢威7で目次を好きな位置(見出し1の直前)に設定する方法を紹介しました。

 

  • 場所の目印のためにビジュアルモードで「もくじ」などと入力
  • テキストモードにし、目印の位置に<div id=”keni_toc”></div>を入力
  • バックスペースやDeleteキーは押さずにいきなりペーストすると時短
  • 更なる時短のため、パソコンに<div id=”keni_toc”></div>を辞書登録

ぜひ時短ワザも使いながら、好きな位置に目次を表示させてみてくださいね!

 

関連記事

【WordPressを断捨離】賢威7があれば設定不要なプラグイン7選!