キーワードのずらし方を極めた記事タイトルの付け方!トレンドアフィリエイトで稼ぐために!

キーワードのずらし方を極めることはトレンドアフィリエイトで実績を出すために欠かせません。

大手メディアや大手ニュースサイトの記事とあなたのブログ記事でタイトルが被ってしまった場合、検索エンジンで上位に表示されるのはSEOの強い大手サイトなので、大手サイトとはずらしたキーワードを狙うことが重要になってくるからです。

 

こちらの記事では、大手サイトとは切り口を変えて、かつ検索ボリュームが大きいキーワードを選ぶ方法を解説いたします!

トレンドアフィリエイトで稼ぐためのキーワードのずらし方とは?

私たちのような個人ブロガーが運営するサイトは、大手サイトに比べてSEOのパワーがとても弱いため大手サイトと同じようなキーワードで勝負しても全く刃が立ちません。

言ってしまえば猫が虎に戦いを挑むようなものです!(ΦωΦ)

 

ほとんどのネットユーザーは検索エンジンの1ページ目に表示されている記事しか読まないと言われていますので、せっかく書いた記事も上位表示されなければ検索者からクリックしてもらえず悲惨なことになってしまいます。

でも大手サイトとは視点を変えたキーワードを選んで記事にすることで、ドメインパワーの強いサイトと競合することなく上位表示させることができます。

このテクニックがずらしです。

体の大きな虎は小さなすき間に入り込むことが出来ませんが、猫は猫なりに小さなすき間に大きな仕掛けをして、大きな獲物を狙いましょう。

大手サイトとは視点を変えたずらし方をする

例えば、くりぃむしちゅーの有田哲平さんの結婚の話題で

くりぃむしちゅー有田哲平が結婚したことを発表

というタイトルを着けていた大手サイトが実際にありました。

 

そんな中、私たちが個人のブログで

くりぃむしちゅー 有田哲平 結婚

というキーワードを使った記事を書いたところで、SEOで負けてしまって検索エンジンで上位表示されません。

 

上位表示させるためには、人が「くりぃむしちゅーの有田が結婚した」と聞いて、次にどんな疑問を持ち、どんなキーワードで検索するかを考えることが大切です。

 

大手サイトが第一報として事実だけを記事にするのに対し、私たちはネットユーザーの次の行動を予測して記事を書くのです。

 

例えば、

  • 結婚相手は誰?
  • 写真が見たい!
  • デキ婚なのかな?
  • 結婚式はいつ?
  • 有田ってローラと噂なかったっけ?

といった、大衆が次に抱くであろう疑問点を記事にすることでキーワードのずらしができていくんですね。

 

もし次の関心だけではライバルが強いと感じた場合は次の次の関心を予測していきましょう!

 

ターゲットを絞り込む

例えばお花見の時期に、大手サイトであれば

都内のお花見スポットおすすめ○選!

というような、広く検索されるタイトルの記事を書くでしょう。

 

でも私たちは対象をもっと絞り込んで

○○線沿線のお花見おすすめ△選!

××区のお花見スポット!デートにおすすめなのはココ!

や…

 

もっともっと絞り込んで

▽▽川近くの駐車場情報!打止め料金ありで安いのはどこ?

などといったタイトルで、大手サイトができないほど狭く深く掘り下げた記事を書くことで、ターゲットををずらすことができます。

ただ”ずらせばOK”という訳でもない

キーワードは、ただ闇雲にずらしていればアクセスアップが見込めるという訳ではありません。

検索需要が大きくて、かつよりライバルが少ないキーワードを狙うというのがトレンドアフィリエイトの基本です。

 

こちらの記事で紹介したのは”ずらし”の基本的な考え方ですので、記事を書く前に

  • 検索需要は高いか
  • ライバルは少ないか

をチェックしてから記事作成に取り掛かりましょう。

 

例えば、

すごくニッチなキーワードで記事を書いた

ライバル不在

検索順位も1位♡

でも、誰からも興味を持たれず検索されない

では意味がなくなってしまいますから(>_<)

 

検索数の大きなキーワードを狙うことの大切さは先輩起業家のYUMEさんも説かれていました。

さいごに

今回は、トレンドアフィリエイトの肝となるキーワードのずらし方について解説しました。

 

  • ドメインパワーの強いサイトと被らないキーワードを選ぶ
  • 大手サイトのニュースを見た検索者が「次にどんな疑問を抱くか?」を予測する
  • ターゲットを絞り込む
  • 同義語で言い換えて大手サイトとずらす

これらの基本的なずらしが感覚的にできるようになるとトレンドアフィリエイトでの記事作成が格段にラクになりますので、頑張っていきましょう!

 
\この記事のURLとタイトルをコピーする/