【リストラ体験記】私が心の傷や悔しい気持ちを癒やした方法をお話しします!

美紀のプロフィール」で書きました通り、元OLだった私には納得のいかない理由でリストラされた経験があります。

当時は経営者を恨む黒い気持ちが渦巻いていましたが、いつまでも不満を持ち続けて前に進めないのも良くないと考え自分を奮い立たせました。

 

心の傷の癒やし方気の持ちようについても私なりの方法を紹介しますので、私の経験がリストラされて悩んでいる方のお役に立てば幸いです。

リストラに遭った場合の心の傷の癒やし方は?

私の場合は「自分がリストラ対象者かも?」と悟り始めたころは将来への不安でいっぱいでした。

実際にリストラ宣告されてからも、会社へ行って引き継ぎをさせられているのも何だか悔しかったです。

 

リストラされるなら1日も早くこんな会社との関係を切りたいのに、引き継ぎのために出社させられる…。

会社にいる時間に転職サイトへの登録をしてしまいたいのに、引き継ぎをしなければいけないので転職の準備もままならない…。

 

日々ストレスは溜まっていきました。

 

そんな私の心の傷の癒やし方は、

  • こんな変な会社と縁が切れるのだから、むしろ良かった
  • この会社にこれからも残って働かなきゃいけない人たちって、むしろ可哀想(*´∀`)

と考えるようにすることでした。

 

残る側だって「いつかは自分がリストラ対象者になるかもしれない」という不安を抱えながら毎日会社へ行くことになるので、それも普通にキツいものがあると思います。

自分はむしろイチ抜けできた側だと考えることで、かなり気持ちがスッキリしました。

 

それと同時に

  • 友達や家族に愚痴る
  • 美味しいものを食べてストレス発散する

ということも徹底しました。

 

話していて楽しい友達や信頼できる家族に愚痴ったり、面白おかしく話すことでイライラしていた気持ちが晴れていったんですよね。

それに私は美味しいものを食べることが大好きなので、ひとりで外食したり友達や家族と外食することでより心を癒やすことができました。

 

是非あなたが好きなことをして気を紛らわせて、ストレスを溜めないようにしてくださいね。

私がリストラされたその後は? 在宅で起業し、身勝手な経営者に振り回されずに平和に働いています!

私が起業したきっかけはリストラ以外にもあり、その後腹膜炎になって手術・入院したことが決定打となりました。

退院後に体力がなかなか回復せず、駅まで歩くだけでヘトヘトになっていたので「通勤してさらに何時間も拘束されて働くなんてとても無理」という状況だったんです。

 

それで、自宅でできるインターネットビジネスであれば通勤する体力がない状態でもちゃんと食べていけると考えたんですね。

ビジネスも軌道に乗り体調もほぼ回復した今となっては、この会社に「あの時リストラしてくれてありがとう!」という感謝の気持ちすら抱いています。

 

人間じんかん万事塞翁が馬」という故事にもある通り、人生良い方へしか進まないと思います!

 

リストラなんかに負けないでください!

身勝手な経営者に雇われなくても自分の力でお金を稼ぐ方法はあります!!

あなたをリストラした会社の人たちより稼げば良いんです。

 
\この記事のURLとタイトルをコピーする/