Mac

【最速】Macで画像サイズを変更する方法!保存するだけでリサイズできるソフトが便利すぎる!

ブログを運営する上で地味に時間を取られるのが、画像のリサイズ

例えばアドセンスブログの場合、広告サイズと同じサイズ感の300pxにサイズを統一することが多いかと思います。

画像を選んでフォルダに保存した後に毎回…

画像をダブルクリック
 ↓
「サイズ変更」をクリック
 ↓
300と入力
 ↓
エンター

みたいなルーティーンが待ち受けていて、画像1枚につき最低でも4〜5秒は掛かってしまいますよね(>_<)

さらに、画像の形式がPNGだったりすればJPGに変更する時間も…!
(ファイル形式はあまり気にしない方がいるかもしれませんが、一般的には重いPNGよりも軽いJPGの方がブログに適しています)

でもMacに標準搭載されているリサイズソフト(Automatorオートメーターというアプリ)を使えば、画像をフォルダに保存するだけで

  • リサイズ
  • JPGに変換

が自動で一気にできてしまいます。
私が色々なリサイズ方法を試した中でAutomatorが1番簡単で最速です!

始めに少しだけ設定があるのですが、慣れてしまえば1分でできるような簡単なものなので、一緒にやっていきましょう。

Macで簡単に画像をリサイズできるソフト「Automator」の設定方法

この設定はAutomator的にレシピと呼ばれているのですが…
レシピは何個でも作ることができるので、例えば

  • トレンドブログはアドセンス広告とマッチした300px
  • 特化ブログには迫力のある画像を使いたいので1200px

というように、リサイズしたいサイズごとに設定することもできてしまいます!

Automatorで画像をリサイズするためのフォルダを作成

任意の場所に、管理しやすい名前のフォルダを作成しておきます。

私は「300JPGにリサイズ」というフォルダ名にしていますよ。

Automatorの設定

アプリケーションから…Macで画像サイズを変更(リサイズ)できるソフトの設定方法「Automator」を開く

Macで画像サイズを変更(リサイズ)できるソフトの設定方法「フォルダオプション」をダブルクリック

Macで画像サイズを変更(リサイズ)できるソフトの設定方法「フォルダを選択」のところの矢印をクリック

Macで画像サイズを変更(リサイズ)できるソフトの使い方「その他」をクリック

先ほど作成しておいたフォルダを選択Macで画像サイズを変更(リサイズ)できるソフトの使い方(当記事は「300JPGにリサイズ」というフォルダです)

Macで画像サイズを変更(リサイズ)できるソフトの設定方法「イメージをサイズ調整」を右側のグレーの領域にドラッグ

このダイアログが出るので…Macで画像サイズを変更(リサイズ)できるソフトの設定方法「追加しない」または「追加」をクリック

どちらをクリックするかはこちら↓を参照してください。

追加しない オリジナルの画像を残さなくて良い場合
追加 オリジナルの画像を残したい場合

(私は「追加しない」をクリックしています。オリジナルの画像を残す必要はないと思うので)

Macで画像サイズを変更(リサイズ)できるソフトの設定方法「イメージのタイプを変更」を右側のグレーの領域にドラッグ

再びこのダイアログが出るので…Macで画像サイズを変更(リサイズ)できるソフトの設定方法先ほど同様「追加しない」または「追加」をクリック
(私は「追加しない」をクリックしています)


Macで画像サイズを変更(リサイズ)できるソフトの設定方法 「イメージをサイズ調整」のところにピクセル数を入力(トレンドブログであれば300が適切かと思います)
 ↓
「イメージのタイプを変更」のところでJPEGを選択

Automatorで指定できるピクセルは、長い方の辺のサイズです。
トレンドブログでは横長の画像を使うことが多いので問題ないかと思いますが、縦長の画像をAutomatorでリサイズすると横幅はかなり小さくなってしまいます。

縦長の画像用のレシピを作成してしまうか、縦長の画像は手でリサイズするか、どちらかにすると良いでしょう。

以上でAutomatorの設定は終わりです!

他の大きさにリサイズするレシピも作りたい場合は、「Automatorで画像をリサイズするためのフォルダを作成」の項に戻って同じ要領でピクセル数を変えたレシピを1から作ってみてくださいね。
(前述の通り、次は1分もあれば設定できてしまうと思います)

私は

  • 300JPGにリサイズ
  • 600JPGにリサイズ
  • 400JPGにリサイズ

という3つのレシピを作ってトレンドブログと当ブログで使い分けていますよ。

Macで簡単に画像をリサイズする方法

先ほど作成したフォルダ(当記事では「300JPGにリサイズ」というフォルダ名)に画像を保存します。Macで画像サイズを変更(リサイズ)できるソフトの使い方

保存した瞬間は

  • ファイル形式: PNG
  • 大きさ:1567

で、サイズも2MBある重いファイルだったのが、次の瞬間には…

Macで画像サイズを変更(リサイズ)できるソフトの使い方指定したとおり

  • ファイル形式: JPEG
  • 大きさ:300

というコンパクトな画像に変わり、重さも34KBまで軽くなっています。

なぜか時々うまくリサイズが実行されない時がありますが、実行されない時は

  • 他のファイルをクリック
  • 他のフォルダをクリック
  • 一旦Automatorを終了→再起動
  • Macを再起動

を上から試していけば、今のところ問題なくリサイズされています。

当記事では例としてJPEG以外→JPEGへの変更を紹介しましたが、もともとJPEGの画像の場合はリサイズだけが実行されます。

リサイズ後のサイズを使い分けたい場合

前述の通り私は

  1. 300JPGにリサイズ
  2. 600JPGにリサイズ
  3. 400JPGにリサイズ

という3つのレシピを作ってトレンドブログと当ブログで使い分けていますが、具体的にどのように作業しているか紹介いたしますね。

Macで画像サイズを変更(リサイズ)できるソフトの使い方こんな感じで3つのフォルダを作ってあるので、

  • 300pxにリサイズしたい画像は「300JPGにリサイズ」というフォルダに保存
  • 400pxにリサイズしたい画像は「400JPGにリサイズ」〜以下同じ〜
  • 600pxに 〜以下同じ〜

するだけです。

さいごに

Macに標準搭載されているAutomatorは意外と知られていませんが、素早く簡単に画像のリサイズができるので本当にオススメです!

そしてAutomatorを使ってみて気づいた方も多いかと思いますが、Automatorでは画像のリサイズに限らず色んな処理ができます。

ルーティーンの作業を効率化するために色々なレシピを作ってみるのもオススメです!

なお、Automatorは頻繁に使うアプリではないと思うのでDockに入れておく程でもないかと思いますが、もし「頻繁に使うしDockに格納しておきたい」という場合はこちらの記事↓を参考にしてみてくださいね。

Macの下のバー(Dock)にメニューのアイコンを追加/削除/移動する方法!Macの下のバー(Dock)にメニューのアイコンを追加する方法や、削除・移動させる方法を解説します。...