webツール・アプリ

MacBookキーボードが故障!修理費用はいくらで何日預かり?【12inchバタフライ】

胡椒したMacBookのキーボードの修理報告書の画像

MacBookキーボードの故障!完全に反応しない状態になる前に交換が正解!修理の手順は?」の続編です。

 

12インチMacBook(バタフライ構造と呼ばれているキーボード)のNのキーだけが故障してしまい、修理に出しました。

 

修理代金預かり日数を紹介します。

MacBookが故障した時の修理代金はいくら?

アップルケアに入っていない私。

かなり高額な修理費を覚悟して、ジーニアスバーへ足を踏み入れたのですが…(>_<)

 

MacBookを購入して1年以内自然故障なので修理費は無料でした!

胡椒したMacBookのキーボードの修理代金見積書の画像

上記のメールで届いた見積書の単価欄には65,000円と記載されていて、請求額は0円との記載がありました。

 

「もし1年保証外だったらこの修理費を払う訳ね〜」と、身の引き締まる思いがすると同時に…

「今後のことを考えると、アップルケア入っとけば良かったかな(;´д`)」との思いもよぎりましたが、アップルケアには購入後1ヶ月以内でないと入れないので、後の祭りです。

 

もちろん、修理の段階で水濡れ等自然故障ではない事象が発覚した場合は1年保証の対象外となるそうです。

 

その場合、Appleが勝手に有償修理を行うことはなく、登録のメールアドレスに確認のメールが届くそうです。

スタッフさんから「この数日は、ご登録のメールアドレスに注意しておいてくださいね」と言われました。

 

(結果的に私の場合は「水濡れが確認されたので修理は有償です」などのメールは届かず、修理が終わったMacBookが家に届くことになりました)

 

追記

この修理・交換から約5ヶ月後の2018年7月、また(今度は別のキーが)反応しにくくなり、アップルに問い合わせたところ「2017製のバタフライ構造のキーボードは無償修理の対象」とのことでした。

2017年製のバタフライ構造のキーボード搭載のMacをお使いで「保証切れてるし…」と思われている方は、一度問い合わせてみる価値アリかもしれません!

追記終わり

MacBookのキーボードの故障修理は何日預かり?

私がジーニアスバーへ故障したMacBookを持ち込んだ時、Apple Storeのスタッフさんから「預かり修理には1週間程度みておいてください」と言われました。

 

 

しかし大変ありがたいことに修理を依頼した2日後(中1日で)、MacBookは私の手元へ戻ってきてくれました(´;ω;`)

 

1週間というのは、長めに見積もった日数で、たまたま修理部門が早く対応できたのでしょうね。

キーボードの修理が済んだMacBookの受取方法は?

キーボードの 修理/交換 が終わったMacBookは、店舗での手渡しではなく登録の住所へ宅配便で送付されます。

 

ちなみに宅配業者はヤマト運輸さんでした。

MacBookはキーボードが修理された状態で丁寧に梱包されて再び手元に!

ヤマト運輸の「パソコン専用」という感じの文言が書かれた段ボールを開けると、見慣れたMacBookが丁寧に梱包されて入っていました。

 

感動の再会です!!←大げさ(笑)

 

こちらの画像はピチーっとしたフィルムを剥がした後の状態ですが、フィルムでしっかり固定されていたことで衝撃が伝わりにくそうな安心感がありました。

故障修理から戻ったMacBookのの画像

この乳白色の緩衝材を取ると…

よく新品の電化製品に付いているフィルムが製品の上面と底面に貼ってありました。

当然、フィルムは簡単に剥がすことができ、ベタつくようなこともありません。

 

故障修理から戻ったMacBookのの画像

本体の中には、また乳白色の緩衝材が。

 

このように、しっかりと緩衝材で保護された状態で修理から戻ってきました。

さいごに

今日は、愛用のMacBook《12インチ》のバタフライ構造キーボードが故障した経験から、修理費用はいくらで何日預かりになったかを紹介しました。

 

あくまで私の場合ですが

  • 修理費用は0円(見積は65,000円)
  • 預かり日数は中1日(見積は1週間)

でした。

 

ご参考までに…

 

Appleのジーニアスバーの担当者さん、そして修理担当のエンジニアさん、本当にありがとうございました!