化学調味料の画像

化学調味料と聞いて何となく「体に良くはないのかな?」だとか「健康にがありそうだな」という風に感じる人は少なくないと思います。

 

私は化学調味料が合わない体質なので避けて生活していますが、たびたび友達や知り合いから「化学調味料ってアレルギーと関係あるの?」や「何が危険なの?」といった内容の質問を受けます。

私が実際に感じる症状を交えながら化学調味料について紹介します。

 

化学調味料とは? 原材料ラベルの見分け方は?

化学調味料とはグルタミン酸ナトリウム、イノシン酸ナトリウム、グアニル酸ナトリウムのことで、グルタミン酸ソーダグル曹(グルソー)と呼ばれることもあります。

また、現代ではうま味調味料と呼ばれています。

 

そして食品の原材料ラベルには

  • 調味料(アミノ酸等)

と表示されています。

みなさんが口にしているものの殆どに「調味料(アミノ酸等)」の表記があると思います。

 

他にも、みなさんが「すごく旨味が凝縮されてて美味しい」と感じるものには

  • たんぱく加水分解物
  • 酵母エキス

が使われていて、原材料ラベルに表記があることも多いです。

 

それだけ化学調味料は日本の食卓に根付いていて、化学調味料が入ってないと「なんか物足りない」「美味しくない」と感じる人は多いようです。

 

またグルタミン酸ナトリウムは、自然界では

  • 昆布
  • 煮干し
  • トマトなど

に含まれるアミノ酸の一種なので「自然界にもあるものじゃん」と言う人もいます。

しかし私は、化学合成されたものと昆布など本物の旨味は全く別のモノだと考えます。

 

それに、スポーツをする人にとってはアミノ酸は疲れを取り除いてくれる「良い物質」というイメージが浸透しているかと思います。

そこで「調味料(アミノ酸等)」という表記を目にした時に、むしろ身体に良いものだという認識を持つ方も多いかもしれません。

 

アミノ酸系シャンプーも、髪や頭皮に優しいイメージですしね。

 

アミノ酸は「タンパク質のもととなるもの」なので広い括りでは一緒にされますが、それはもう「斎藤工さんとドブネズミが同じ哺乳類だ」と言っているような感じです。(あくまで例えですが)

化学調味料の危険性やアレルギーとの関連性は?

化学調味料危険性アレルギーと関連性について、「少量だけ摂っている分には問題がない」という人もいます。

確かにそうかも知れません。

いくら化学物質は消化されずに体内に蓄積するといってもほとんどの人の寿命は100歳以下なので、表立った影響が出る前に寿命を迎える人が多いでしょう。

 

ただ、グルタミン酸ナトリウムの悲しい性質として、味覚から過剰摂取を感知できないというものがあります。

例えば砂糖や塩がてんこ盛りだったら「甘すぎる/しょっぱすぎる」などと味覚で気づきますよね。

しかし化学調味料は、ある程度の分量を超えると味覚が飽和状態になり、同じような味に感じるのです!

 

そのため入れ過ぎに気づきにくく、また調理する側も知らず知らずのうちに多く使ってしまいがちなのです(>_<)

 

これが化学調味料の怖い点の1つなんですよね。

 

 

世の中には様々な食品にアレルゲンを持つ人がいるので化学調味料だけが悪だとは一概には言えませんが、私は「調味料(アミノ酸等)」は避けるようにしています。

化学調味料|私の症状や実際の害!

化学調味料によるアレルギーについて、人から「化学調味料が入ってるって分かるの? どんな症状が出るの?」と聞かれるので私の感覚をお答えします。

 

私は、化学調味料を摂ると口の中がキンキンして歯が浮くような変な感じを覚えます。

そして翌日ぐらいまで胃もたれと胸焼けがします。

 

たまに「キンキンするってどんな感じよ?」とも聞かれるので、例えを考えてみました。

 

2パターンあるのですが、1つ目は

ビニール包装の切れ端を一緒に食べちゃった時に「あっ、食べ物じゃない!」と感じて「ペッペッ」と出したくなりませんか?

”アノ感じ” をかなり弱〜くしたバージョン。

 

2つ目は

チョコレートの銀紙を一緒に食べちゃって歯がシカシカして嫌な感じになる感覚のごく弱〜いバージョンです。

 

もちろん、実際にペッペッなんて出したりはしませんが、明らかに「体が、体内に入れてはいけない何かを察知した状態」になって防御反応を示すというのが1番近い感覚かもしれません。

 

ちなみに最近では「無農薬野菜/有機野菜を売りにしたビュッフェ」に油断して入ったら化学調味料てんこ盛りで1品目でキンキンになったのでお水をゴブゴブ飲んで普通にお会計をして帰りました。

 

野菜が無農薬だったり有機栽培であっても、化学調味料で味付けしているなんて「そうじゃない」感がハンパなかったです(>_<)

私の場合は農薬ガンガンの野菜を食べても反応しませんが、化学調味料に反応してしまうので。

(体調によっては、イチゴや桃の農薬、それに養殖マグロのエサの味を感じ取ることはあります)

 

また、化学調味料アレルギーのひどい知人が、知らずに口にしてしまってみるみる唇が腫れ喉のあたりが赤くなっていった現場を目の当たりにしたこともあります。

関連記事

化学調味料が分かる体質なので、子供の頃ちょっと苦労した話し。

じゃぁ一体どんな調味料を買えば良いの?

こちらで、私が普段買っている食材を紹介しています(*^^*)

 

嗜好品として高級品を買うこともありますが、普段使いの醤油や油なんかも載せています。

よろしければ参考にしてみてくださいね☆

【美紀シュラン-お取り寄せ編-】高級グルメだけじゃない食材!

さいごに

今回は、化学調味料について記事を書いてみました。

現代人には

  • 「あの味がウマいんだよ」という人
  • 本物のだし汁と顆粒だしの味の違いなんて分からないから手軽な顆粒だしを使うという人
  • 身近過ぎてそもそも化学調味料について考えたことすらない人

色々な人がいます。

 

反面、SNSなんかでは「今日はお野菜たくさんだからヘルシーメニュー♡」や「和食だからヘルシー」なんていう投稿も見ます。

 

見た目の綺麗さやイメージだけで野菜摂ったから健康的だとか和食にしたから健康的だと安心するのではなくて、化学調味料についてもう少しだけ考えてみて欲しいです。

 

「オーガニックとは何?」を簡単に説明!有機や無農薬と意味が違う?

食品添加物とは?食べ続けるとどうなる?危険性を一覧にしてみた!