マイスピーの魅力は何と言ってもクレジットカード決済の自動化現金振込であっても自動)という便利な使い方ができる点です。

 

こちらの記事ではPayPalを経由する場合の自動決済からサンキューメールを自動で送る際の設定方法を紹介します!

 

まず、

  • PayPalのビジネスアカウントが取得済

であることが前提となります。

PayPalのビジネスアカウントは取得に最短で数日かかりますので、まだの方は取得してからこちらの設定をしてくださいね。

 

作成手順

例として、支払い方法を複数から選択出来るコースが2つあるというケースで解説していきます。

  • Aコース
     ■現金払
     ■カード一括
     ■カード分割

 

  • Bコース
     ■現金払
     ■カード一括
     ■カード分割

という構成です。

 

このフローを2つ繰り返す感じですが、2つ目のコースはイチから作る訳でなく1つ目のコースを呼び出して変更をかけていくという手順です。

マイスピーとペイパルを連携させて自動決済やサンキューメールを自動で送る方法

マイスピー×ペイパルの連携

マイスピーとPayPalのアカウントを連携させるためには「即時支払い通知(IPNの通知)URL」の設定が必要です。

この設定は1度すれば良いものなのですが、まだしていない方はこちらの記事を参考にして設定しておいてくださいね。(5〜10分ほどで設定できます)

【MyASP×PayPalの使い方】即時支払い通知(IPN通知)URLの設定方法!

申込ページを作成

マイスピーの画面左側のメニューの

マイスピーとペイパルを連携させて自動決済やサンキューメールを自動で送る方法

「メルマガ新規作成」をクリック

(プランによっては「シナリオ新規作成」となっているようです)

申込ページを作成するのに「メルマガ」を作成するをクリックするなんて違和感を覚えるかもしれませんが、マイスピーの表示的にはこうなっています。

「有料商品(課金ありの商品)」をクリック

「次へ」をクリック

 

マイスピーとペイパルを連携させて自動決済やサンキューメールを自動で送る方法

シナリオ名(商品名)の欄に商品名を入力

【○○コース】お申し込みなど適宜。

 

所属グループを選択 or「新規グループ追加はこちら」のところから設定

所属グループは必須ではないのでデフォルトの「(未分類)」でも構いませんが、グループ分けしておいた方が管理がしやすいと思います。

 

画面を下の方へスクロール

マイスピーとペイパルを連携させて自動決済やサンキューメールを自動で送る方法

「1つのメールアドレスで重複登録を許可する」にチェック

 

はじめ私はここにチェックを入れてませんでしたが、マイスピーユーザーマニュアル PayPal決済の導入~販売設定の流れに「チェックを入れる」と書いてあったので慌てて入れました!

理由は把握していませんが、公式マニュアルに記載があったので従っています。

「登録する」をクリック

 

支払い方法などの設定

<時々設定する項目>のところの

マイスピーとペイパルを連携させて自動決済やサンキューメールを自動で送る方法

「販売設定」をクリック

現金振込の金額を設定

金額・決済方法のところで

マイスピーとペイパルを連携させて自動決済やサンキューメールを自動で送る方法

支払方法:「銀行振込(当日持参等、手動入力の一括払い)」を選択

支払い方法表示名:任意で変更

デフォルトでは「銀行振込」とだけ表示されますが、上図のように「(一括払のみ)」などと追記することもできます。

申し込み画面でこんな感じ▼に表示される部分ですので、申し込む方にとって親切な表現に変えておくことをおすすめします。

マイスピーとペイパルを連携させて自動決済やサンキューメールを自動で送る方法

 

料金を入力

「支払い方法の追加」をクリック

入力画面が1つ追加されます

カード一括払の金額を設定

マイスピーとペイパルを連携させて自動決済やサンキューメールを自動で送る方法

支払方法:「クレジットカード(PayPal)決済(一括払い)」を選択

支払い方法表示名:任意で変更

どこかに「一括」と付け加えた方が申し込みをする方にとっては分かりやすい表現になるかと思います。

料金を入力

「支払い方法の追加」をクリック

さらに入力画面が追加されます

カード分割払の金額を設定

マイスピーとペイパルを連携させて自動決済やサンキューメールを自動で送る方法

支払い方法:「クレジットカード(PayPal)決済(定期支払い)」を選択

支払い方法表示名:分かりやすい言葉に変更

 

デフォルトの「クレジットカード定期払い(PayPal)」という文言よりも…
クレジットカード(PayPal経由)1,000円×3回払(合計3000円)
などと書いたほうが毎回の支払い回数も明確に伝わって親切かな、と思います。

「分割払いとして使用」にチェック

合計の金額(当記事では3000)を入力

 

金額欄のすぐ下あたり(上図では青枠で囲った箇所)で金額が確認できるので注意して見てみると良いです。

「ヶ月毎に」のところ:1を入力

一般的には1を入力します。もし隔月で引き去る設定にしたい場合は2を入力します。

「分割で」のところ:分割回数を入力(当記事では3と入力)

(さらに分割払いの選択肢を増やしたい場合は「支払い方法の追加」をクリック)

「変更する」をクリック

マイスピーとペイパルを連携させて自動決済やサンキューメールを自動で送る方法

上図3つの入力箇所

  • プライバシーポリシーURL
  • 特商法URL
  • Copyright表示名

については、空欄の場合は左メニューの個人設定のプライバシーポリシーURL/特商法表記URL/copyright が表示されますとの記載があり、入力必須な箇所ではありません。(ちなみに私は入力しています)

 

(有効期限の延長ルールを変更したい場合は変更)

「変更する」をクリック

 

 

デフォルトのままだと申し込みフォーム(登録ページ)が

  • 姓(任意)
  • 名(任意)
  • メールアドレス(必須)

という表示になっているので、名前が未記入でも申し込めてしまう状態になっています(゚∀゚)

 

こちらの記事▼を参考に、項目の増減や 入力必須/任意 の設定をしてみてくださいね。

メルマガ登録フォームの項目を設定する方法! 

 

申し込みフォーム(登録ページ)の項目の設定が終わったら、次に進みます。

現金払の方だけに口座情報を伝えるための自動メールの設定

口座情報などを伝えるメールを作成

<時々設定する項目>の

マイスピーでステップメールを修正する方法

「自動返信・ステップ管理」をクリック

 

マイスピーとペイパルを連携させて自動決済やサンキューメールを自動で送る方法

「申込時(支払前)」をクリック

この「申込時(支払前)」のところでメールを設定しておくことで、支払い前のお申し込み人に対して自動でメールが送られるように設定できます。

このメールの中に口座情報や金額、振込期限などを書いておくことができるので、現金振込の方に口座情報を自動でお伝えすることができます。

マイスピーとペイパルを連携させて自動決済やサンキューメールを自動で送る方法

ペンのアイコンをクリック

 

支払前メールの件名や本文を適宜変更

マイスピーの便利な機能

例えば
%now_month_day_jp_afterday-3%
と本文内に入れることで「メールが送られてから3日後の月日」をメールに入れることができ、
%now_month_day_jp_afterday-7%
と本文内に入れることで「メールが送られてから7日後の月日」をメールに入れる「置き換え文字」という機能があります。

この機能を使うと、メールに払込期限は○月○日ですなどと載せることもできますよ。

他にも色々な置き換え文字がありますし、表示形式も選べるので…

マイスピーとペイパルを連携させて自動決済やサンキューメールを自動で送る方法

プレビューのすぐ上のところの「置き換え文字」のボタンをクリックして色々試してみてくださいね。

少し下の方へスクロール

マイスピーとペイパルを連携させて自動決済やサンキューメールを自動で送る方法

「販売者への通知メールを送る」にチェックが入っていることを確認。

 

ここにチェックが入っていないと、自分宛てに「申込があった旨」のお知らせメールが送られてきません。

そして自分宛て通知メールの件名はブランクのままにせず、入力しておくことをおすすめします。

一般的には「○○コース申込のお知らせ」という件名がおすすめですが・・・
例えば「○○コース申込!おめでとう♪」なんていう件名にするとテンションあがりますよ(≧∇≦) ←個人で仕事をしている方しかできないワザかとは思いますが。

 

さらに、少し上のところで払込期限は○月○日ですなどと載せる機能を使う場合は、自分宛て通知メールの本文の中にも、申込人宛のメールと同じ置き換え文字を入れておくと、終了日の管理がしやすくなるのでおすすめです!

例)
払込期限:%now_month_day_jp_afterday-3%

 

参考記事▼

【メルマガ新規登録時】自分宛て通知メールの件名を変更する方法!

他の箇所も必要に応じて入力

銀行振込の方のみに送信する条件設定

画面の下の方へスクロールし…

マイスピーとペイパルを連携させて自動決済やサンキューメールを自動で送る方法

「条件の追加」をクリック

 

マイスピーとペイパルを連携させて自動決済やサンキューメールを自動で送る方法

項目:「支払い方法」を選択

条件:「が値と一致する」を選択

設定値:「銀行振込」を選択

 

ポイント

これで、銀行振込を選択した人のみに口座情報などをお伝えするメールを送るように設定できました。

 

自分宛てにテスト送信

自分のメールにテスト配信することもできます。

マイスピーとペイパルを連携させて自動決済やサンキューメールを自動で送る方法

メールアドレスを入力 →「このアドレスに送信」をクリック

OKだったら「更新する」をクリック

 

これで現金払を選択された方に自動で口座情報をお知らせするメールの設定が終わりました。

 

続いて、決済を確認してから送るサンキューメールを設定していきます。

決済確認後に送るサンキューメールの設定

この「本登録完了時」のメールを設定することで、決済が完了した時にサンキューメールが送られるように設定できます。

サンキューメールは

  • カード払いの方へは自動
    現金振込の方へは自分で受領処理をした後

送られます。

 

<時々設定する項目>の

マイスピーでステップメールを修正する方法

「自動返信・ステップ管理」をクリック

 

マイスピーとペイパルを連携させて自動決済やサンキューメールを自動で送る方法

「本登録完了時」をクリック

 

マイスピーとペイパルを連携させて自動決済やサンキューメールを自動で送る方法

ペンのアイコンをクリック

サンキューメールの件名や本文を適宜変更

マイスピーの便利な機能

例えば
%now_date_jp_afterday-31%
と本文内に入れることで「メールが送られてから31日後の年月日」をメールに入れることができるので、例えば××の終了日は○年○月○日ですなどと載せることもできます。

他の置き換え文字や表示形式については…

マイスピーとペイパルを連携させて自動決済やサンキューメールを自動で送る方法

プレビューのすぐ上のところの「置き換え文字」のボタンをクリックして設定してみてくださいね。

少し下の方へスクロール

マイスピーとペイパルを連携させて自動決済やサンキューメールを自動で送る方法

 

「販売者への通知メールを送る」にチェックが入っていると、サンキューメールと同じタイミングで自分宛てに通知メールが送られてきます。

(現金振込の方に関しては、既に着金があったことは分かっているのに通知メールも来てしまうことになります)

 

少し上のところで××の終了日は○年○月○日ですなどと載せる置き換え文字の機能を使う場合は「自分宛て通知メールを送る」にチェックを入れて本文の中にもサンキューメールと同じ置き換え文字を入れておくと、終了日の管理がしやすくなるのでおすすめです!

例)
××終了日:%now_date_jp_afterday-31%

 

参考記事▼

【メルマガ新規登録時】自分宛て通知メールの件名を変更する方法!

他の箇所も必要に応じて入力

自分のメールにテスト配信することもできます。

マイスピーとペイパルを連携させて自動決済やサンキューメールを自動で送る方法メールアドレスを入力 →「このアドレスに送信」をクリック

OKだったら「更新する」をクリック

 

これで、着金が確認できた後に送るサンクスメールの設定ができました!

 

前述の通り、現金振込の方に送付するサンクスメールは完全に自動ではありません。

自分で「受領済み」をクリックしないとこのサンクスメールは送付されないので、実際に着金があったときは注意が必要です。

登録ページのURLをランディングページの申し込みボタンにリンク挿入

<最初に設定する項目>のところの

マイスピーでメルマガ登録フォームの項目を設定する方法と使い方

「登録ページの表示」をクリック

 

このように、実際の登録ページを確認することができます。

マイスピーとペイパルを連携させて自動決済やサンキューメールを自動で送る方法

この画面のURLをコピー

ランディングページで作成したレター内のボタンにリンクとして挿入

 

これで一連の設定が完了しました。

 

お疲れさまでした!

コースを追加する場合

コースや契約プランを追加する場合は、データをイチから作成するよりも既に作ってあるデータを呼び出して変更した方が簡単でおすすめです!

 

ただし変更すべき箇所をきちんと変更しないと、例えば

  • 内容はBコースなのにタイトルがAコースのままだった
  • 現金振込の方に送る口座情報メールの内容がAコースの金額のままだった

などの問題が出てきますので、注意深く慎重に作業しましょう。

もちろん「イチから作成した方が早い」と思われる方はこの項目は参照せずに、はじめと同じ手順でイチから作ってみてくださいね。

 

MyASPトップ画面の「メルマガ新規作成」をクリック

マイスピーとペイパルを連携させて自動決済やサンキューメールを自動で送る方法

「既存シナリオを元に複製して作成」をクリック

複製したいコースのメニューを選択

「次へ」をクリック

このように沢山チェックが入った画面になるので…

マイスピーとペイパルを連携させて自動決済やサンキューメールを自動で送る方法

下の方へスクロールし、「複製する」をクリック

 

マイスピーとペイパルを連携させて自動決済やサンキューメールを自動で送る方法

シナリオ名(商品名)を変更

 

例えば【Aコース】を呼び出して複製し【Bコース】に変更したい場合であれば、AをBに変え、_コピーの文字を削除します。

 

当記事のように短い商品名の場合は_コピーという文字が見えているので消し忘れることはないと思いますが、長い商品名の場合_コピーの文字が欄から見切れています。
消し忘れのないように注意しましょう。

「変更する」をクリック

金額などの変更

<時々設定する項目>のところの

マイスピーとペイパルを連携させて自動決済やサンキューメールを自動で送る方法

「販売設定」をクリック

 

ここで、金額などを変更します。

 

現金振込の方に口座情報などを伝えるための自動メールを変更

口座情報をお伝えする際に金額も記載するかと思いますが、コースによって金額が違う場合は自動メールの内容を変更します。

 

<時々設定する項目>の

マイスピーでステップメールを修正する方法

「自動返信・ステップ管理」をクリック

 

マイスピーとペイパルを連携させて自動決済やサンキューメールを自動で送る方法

「申込時(支払前)」のタブをクリック

 

マイスピーとペイパルを連携させて自動決済やサンキューメールを自動で送る方法

ペンのアイコンをクリック

 

メールの件名や本文を適宜変更

 

自分のメールにテスト配信することもできます。

マイスピーとペイパルを連携させて自動決済やサンキューメールを自動で送る方法

メールアドレスを入力 →「このアドレスに送信」をクリック

OKだったら「更新する」をクリック

決済確認後に送るサンキューメールの変更

<時々設定する項目>の

マイスピーでステップメールを修正する方法

「自動返信・ステップ管理」をクリック

 

マイスピーとペイパルを連携させて自動決済やサンキューメールを自動で送る方法

「本登録完了時」をクリック

 

コース名や終了期間など、適宜変更

自分のメールにテスト配信することもできます。

マイスピーとペイパルを連携させて自動決済やサンキューメールを自動で送る方法

メールアドレスを入力 →「このアドレスに送信」をクリック

OKだったら「更新する」をクリック

登録ページのURLをランディングページの申し込みボタンにリンク挿入

<最初に設定する項目>のところの

マイスピーでメルマガ登録フォームの項目を設定する方法と使い方

「登録ページの表示」をクリック

 

実際の登録ページが見られるのでURLをコピー

ランディングページのレターの申し込みボタンにリンク挿入

 

これで、2つ目のコースも設定できました!

テスト決済(1円)

金額を1円に設定してテスト決済をしてみると良いでしょう。

マイスピー公式マニュアル PayPal決済の導入~販売設定の流れの「一連の動作確認方法(テスト決済)」の項を参照してください。

現金払ので着金があったらどのように処理するの?

「売上詳細」画面 →「売上詳細」

「契約情報」の「受領状態」が「未受領」になっていることを確認

「受領処理(メールあり)」をクリック

(「受領済み」の確認のウィンドウが表示される)

「OK」をクリック

 

  • 「売上詳細」の「受領状態」が「受領済み」に変わったこと
  • 下段の「売上情報」の「受領状態」が「受領済み」に変わったこと

を確認

「受領済み」と表示されていれば銀行振込の入金処理の作業は完了です。

 

マイスピーで有料商品を販売する方法~STEP2:銀行振り込み(定額支払・分割支払)の場合

詳しくは上記のMyASP公式マニュアルをご参照ください。

さいごに

かなり長くなってしまいましたが、お疲れさまでした!

さらにコースを増やす場合も同じ要領でやってみてくださいね。

 

関連記事(マイスピー公式マニュアル)

エンコーディングのエラーが出る場合