プラグイン

No Self Pingsの使い方&ピンバックとトラックバックの違いとは?

こちらの記事では、No Self Pingsについて解説します。

ブログ記事を書く上で関連する内容の記事にリンクを貼る機会は多いと思います。
リンクには、同一ブログ内でリンクを貼る「内部リンク」と他のブログ記事にリンクを貼る「外部リンク」がありますが、No Self Pingsセルフピンバックに関係するのは「内部リンク」の方ですね。

WordPressの機能の一つにピンバックという機能がありますが、ピンバックを自分のブログ内で行うことをセルフピンバックといいます。

デフォルトだと自分の記事に貼った内部リンク(セルフピンバック)に対しても「コメントがあります」というお知らせが来てしまうんです。

No Self Pingsは内部リンク(セルフピンバック)に対するお知らせが来ないようにする便利なプラグインなので、ぜひ設定していきましょう!

ピンバックとトラックバックの違いとは?

ピンバックとトラックバックは機能自体とても似ています。
ピンバックもトラックバックも、自分が作成したブログ記事から外部サイトURLに対して「関連した内容の記事URLがありますよ」とお知らせる機能です。

では、ピンバックとトラックバックの違いは何なのでしょうか?

ピンバックはWordPress独自の機能で、お互いにWordPressで作られたブログ同士でないと送信することができません。

そして、ピンバックとは外部サイトURLに記事中からリンクを送る機能です。

トラックバックとは、外部サイトに記事引用したり関連記事だということを知らせる通知のことです。 

No Self Pingsの使い方

No Self Pingsの使い方はとても簡単です。

WordPressのダッシュボードからNo Self Pingsプラグインをインストールして有効化。

有効化までを画像で解説したページはこちら→WordPressにプラグインをインストールし有効化する方法

 

No Self Pingsは有効化するだけで機能しはじめるプラグインですので、使い方の解説は省略します。

お疲れ様でした!

さいごに

今回はNo Self Pingsの使い方を解説しました。

ピンバックは、全く無関係なサイトに送ることは出来ないことに一応はなっています。一応は。

ただWordPressでブログを運営していると、スパムのピンバックもわりと頻繁に送られてきますので、良くない使い方をするユーザーは一定数いるということを頭に入れておくと良いでしょう。

複数のブログを運営している方は、ピンバックやトラックバックを許可するサイトと許可しないサイトを使い分けると良いですね。


■メルマガはメール内のリンクよりいつでも配信解除することができます。
■個人情報は厳重に管理し、プライバシーを遵守いたします。



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です