コスメの安全

「オーガニックとは何?」を簡単に説明!有機や無農薬とは意味が違うの?

最近よく耳にするオーガニックとは一体のことなのでしょうか?

 

何だかちょっとヘルシーで、おしゃれな感じ?

でも、聞かれたらきちんと答えられない。

 

そんなオーガニックについて「有機野菜や無農薬野菜との違いは?」という部分も含め、簡単意味を説明いたします。

 

関連記事

食品添加物とは?食べ続けるとどうなる?危険性を一覧にしてみた!

「オーガニックとは何?」を簡単に説明!

オーガニックとは何か?と聞かれてパッと説明できる人はあまり多くないように思います。

 

オーガニックについて有名人がSNSに、こんな感じの↓投稿しているのも良く見かけますよね。

  • オーガニックの新鮮野菜を詰め込んだカップサラダ、身体が喜んでる♡
  • 今日はオーガニックのココナッツオイルでフレンチトースト焼きました
  • このオーガニックコットンのTシャツ、着心地いい
  • このシャンプー、オーガニック成分でノンシリコンなのにキシまない

このように、なんとなくヘルシーでオシャレなイメージが先行していて、「オーガニックとは?」と聞かれても

 

「ナ、ナチュラ・・ル、系ってこと???」程度に思っている方もいるかもしれません。

 

そんなオーガニックとは何かを簡単に説明すると、

農業や畜産の種類のこと

です。

 

オシャレな芸能人のイメージからの「農業や畜産」って意外に思われましたか?

オーガニックの農業とは?

もう少しだけ詳しく説明しますとオーガニックの農業とは

  • 化学肥料や化学的な農薬を使わず
  • 遺伝子組み換え技術を使わず
  • 一定期間以上、化学肥料などを使わない田畑で

作物を育てることを指します。

有機JASの規定では2年ですが、日本には1つの規格が存在せず、各農園によって様々です。

 

オーガニックでは化学肥料を使わずに有機肥料を使うのですが、有機肥料とは

主に堆肥たいひなどです。

 

堆肥とは

  • 牛や豚の糞
  • 牛や豚が敷いているワラやモミ殻

を発酵させたもの。

発酵させるプロセスにより菌が死滅して、”糞”としてのイメージとはかけ離れたものになります。

 

特に草食動物である牛の糞から作られた堆肥は、乾燥させればサラサラの土のようになり元が何だったか分からないぐらいです。

 

ここで

オーガニック野菜には農薬使ってないの?

と思われた方がいるかもしれませんね。

 

オーガニックであっても農薬を全く使わないという訳ではありません。

 

JAS認定の31種類の農薬の使用は認められています。

オーガニックの畜産とは?

オーガニックの畜産とは

  • 主にオーガニックな農産物のエサを与え
  • 病気予防の目的に抗生物質などを使用せず
  • 屋外など、ストレスの少ない環境で

畜産動物を飼育し、加工食品を生産することです。

 

畜産の副産物としての堆肥を作物の肥料にし、その有機作物を畜産動物のエサとして与える。

オーガニックは、農業と畜産が良い感じに循環していますね。

オーガニックの表記の落とし穴

オーガニック

  • 食品
  • コスメ
  • シャンプー

は、オーガニック作物のエキスが

1種類/1滴でも含まれていれば

オーガニックと表記できてしまいます

 

さらに厄介なことに、エキスの抽出方法については記載義務はありません。

 

抽出方法が

  • ◎ 昔ながらの手絞りやコールドプレスであっても
  • △ アルコール抽出であっても
  • × ヘキサン抽出であっても

記載義務は無いのです(−_−;)

ヘキサンとは:
”シンナー臭”のする劇薬指定されている石油系の液体

オーガニックは有機野菜とは意味が違うの?

実はオーガニック(英語:organic)は、日本語で

  • 有機の
  • 有機農業
  • 有機野菜

という意味です。

 

よってオーガニックと有機野菜は同じものと考えて良いですね。

 

organicという英単語を分解すると

  • organ:臓器、器官
  • ic:の性質の

となります。

 

このことからも私は、有機肥料のことを「臓器で消化できる」と解釈していますよ。

対して、化学肥料は化学物質なので生物の臓器では消化・分解しきれないものと考えています。

 

私は

現代人にアレルギーやアトピー性皮膚炎が増えた原因が化学肥料や抗生物質にある

と考えていて「化学肥料による農業や抗生物質の畜産が減っていくと良いな」と思っています。

オーガニックは無農薬とは意味が違うの?

オーガニックと無農薬では、また意味が違います

 

無農薬野菜の方がオーガニックよりも少し基準が甘いです。

 

無農薬野菜は「栽培している期間に」農薬などを使用していない作物を指すんですね。

 

極端な話ですが、例えば

種まきの前日まで農薬や化学肥料を使っていた田んぼや畑で育ったとしても

栽培中に農薬などを使用していなければ無農薬野菜として出荷することができるんですΣ(゚Д゚)

 

ちなみに、無農薬や減農薬の表示は2004年に禁止されています。

言葉のイメージから安全性が誤認されやすいという理由からです。

 

確かにそうですよね。

いかにも健康的なイメージを抱いて購入したお野菜が、

実は農薬や化学肥料たっぷりの土壌で育てられていた

なんて、紛らわしくてJAROに電話したくなってしまいます(;´Д`)

オーガニックの野菜は高い?

確かに、普通の野菜に比べてオーガニックの野菜は値段が少し高いです。

 

例えば

  • 玉ねぎ3個入りで40〜50円
  • 大根1本で30〜40円

ほどオーガニック野菜の方が高いという感じでしょうか。

 

でも毎日食べるものなので、化学肥料や農薬を身体に取り込んでしまうよりは多少値が張っても安全性の高い食品を使いたいと私は思うんですよね。

実はオーガニックでは根本解決になっていない!

オーガニックは、農薬や化学肥料、抗生物質を使った農作物/畜産物よりはかなりマシです。

 

しかし根本的な解決にはなっていないと私は考えるので、その理由を紹介しますね。

 

昔の野菜は味が違った

なんていう声をおじいちゃん・おばあちゃん/お父さん・お母さんの世代から聞いたことはありませんか?

 

私の祖父母は「昔の野菜は形が悪いのもあったけど美味しかった」とよく言っていました。

 

現代の野菜は、私たち消費者のニーズによって

  • 輸送に便利なように形が揃っている
  • 柔らかくて食べやすい
  • 季節を問わず収穫できる
  • 虫に食われにくい
  • たくさん収穫できる←これにはネズミの遺伝子を組み込んでる野菜もあります(>_<) 子沢山!笑

などなど・・・種の会社によって ”改良” されてきました。

 

そんな消費者にとって都合の良いが1960年代半ばからどんどん広まってきたのです。

 

ちなみに植物って、花が咲いて枯れた後にを取っておいて次に蒔けば、また同じ植物が生えて来ますよね。

 

ところが、その1960年代から増えてきた 便利なは、雄しべを操作してあり

その種からは希望通りの味や形の野菜が収穫できるけれど

その野菜から採った種を来シーズンまいても

望み通りの野菜は実らない

ように操作してあるのです。

メンデルの法則が得意だった方にはピンと来るでしょうか。

 

これは、現代に男性不妊が増えたことにも関係しています。

雄しべが操作してあるからですね。

 

気になる方はF1種雄性不稔で検索してみてください。

 

 

なぜそんなことをするかと言うと、

種の会社が「毎年コンスタントに自社の種を買って欲しい」から

に他なりません。

 

だってもし、農家さんが種取りした種から来年以降も普通に野菜が収穫できてしまったら・・・

自分の会社の種を来年以降は買ってもらえないですもんね。

 

さて、種についての説明はこれぐらいにして「オーガニックであっても根本解決になっていない」という話に戻りますね。

 

なぜ根本解決になっていないかというと、

こういった不自然な種はオーガニックの野菜にも使われているから

です(>_<)

それは、デパ地下なんかで売られているお高いオーガニック野菜でも同じです。

(化学肥料の野菜はもちろん、です。) 

オーガニックよりコスパの良い野菜は?

どの野菜なら良いの?

一般的な化学肥料や農薬の農業はダメ!

オーガニックもイマイチ。

ならば、どんな栽培方法で育った野菜が良いのか?

 

それは、

自然栽培自然農法の野菜

です。

 

自然栽培や自然農法に共通しているのは無農薬無肥料であること。

そして自然農法に至っては雑草すら抜かないというナチュラルっぷり。

栽培農法という名前の違いはここ↑です。

これら二者が混同されて誤用される場合もありますが、まだまだ広く知られていないため、その辺は仕方ないですかね。

 

 

そして、唯一にして最大のポイントは、

基本的に先ほど紹介した雄しべを操作した種は使っていない点です

 

雄しべを操作していない古来の種というのは「固定種」や「在来種」と呼ばれていまして、呼び名の由来は流通が発達していなかった大昔にまで遡ります。

 

昔はその土地その土地で固定した作物を育てていて、

わざわざ他の土地の植物の種を蒔いて育てる

なんてことはしていませんでした。

 

その土地に根付いていた在来の植物は、”その土地の環境”であれば

肥料を与えなくてもスクスク育つし、その土地にいる虫からは食べられ

もしない性質を持っていたんです。

 

現代においては固定種在来種の作物を育てても虫食いされて大変なシーズンもあるようです。

現代の土地は生態系が崩れたり汚染されているので

「ハイ、固定種の種を蒔いたから虫に食われませーん」

というように簡単には行かないんですね。

 

 

自然栽培自然農法をやっている農家さんは、1960年代半ばからほとんど流通しなくなった従来の種を種取りしたり、農家同士で種の交換会をしています。

そんな感じで細々と種を絶やさないようにやってきました。

やっぱり値段が気になる!

こんな風に細々と流通してきた自然栽培や自然農法の野菜の値段は、オーガニックの野菜と変わらないんです。

 

同じ”ちょっと高い”野菜を買うならば、どちらがコストパフォーマンス(費用対効果)が高いか考えてみてください!

  1. 一見ヘルシーだが実は根本解決になっていないオーガニック野菜
  2. からして違う自然栽培や自然農法の野菜

 

こうして比べてみると、B.の方がコストパフォーマンスが高いと言えるのではないでしょうか?

 

毎日食べるものに気を配りたいと思った方は、

自然栽培 ○○県

などのキーワードで検索してみてください!

 

  • 通販で取り寄せることができたり
  • 地元の朝市やマルシェなどに出店していたり
  • カフェの片隅で販売していたり

手に入れることができますよ。

 

ちなみに、家庭菜園なんかでも ”昔ながらの” 野菜を育てる事は ”一応” 可能です。

 

固定種在来種と書かれた種を売っている種会社はあり、パッケージにも固定種または在来種と記載がありますので、園芸店やネットで探してみるのも良いかと思います。

”一応” と書いたのは、基本的に2kmぐらいは 現代型の農園と離れていないと、そちらの野菜の花粉を受粉してしまうからです(>_<)

さいごに

今日は、オーガニックとは一体のことなのかについて簡単意味を説明しました。

 

真面目に有機農法に取り組んでらっしゃる農家さんもいらっしゃるとは承知の上で、オーガニックについて”マシ”だの”イマイチ”だのという表現を使ったため、その点は申し訳なく思います。

ただ、消費者の1人として現代の食べ物に警鐘を鳴らす意味で、敢えてセンセーショナルな言葉を選びました。

 

まとめると

  • オーガニックとは農業や畜産の種類のことを指す言葉
  • オーガニックと無農薬もまた意味が違う
  • オーガニックの野菜であっても雄しべは操作されているため根本解決になってない
  • オーガニックと同じぐらいの値段で、雄しべが操作されていない野菜が買える

ということですね。

 

私は、昔から口に入るものは気を使ってきました。

確かに値段は高いですが、お金には変えられないと思うからです。

 

そして今は少々高くても自然栽培や自然農法の野菜を買ったり、家から離れたマルシェに出向いてのんびりと野菜を買うような生活を送っています。

 

それもこれも、自宅でOLの給料以上を稼ぐことができるインターネットビジネスを始めたから出来る技だと思っています。

私がOLを卒業し、時間的・経済的余裕が持てるようになるまでの経緯はメルマガで紹介しています。

ぜひ登録してみてくださいね!

飲み会に行きたくない会社員が資産ブログを運営して自由な働き方を手に入れる美紀のメルマガ講座