Google AdSenseの広告を貼るためにはまずブログを作り、グーグルの審査に出して通過することが必要です。

 

グーグルの審査基準は日々変わりますし(しかもアナウンスなく突然)、審査基準を公開していないので「ズバリの正解」は誰にも分からないのが実情です。

ですが私のコンサルティング経験やビジネス仲間との情報交換に基いた正解に限りなく近い2018年5月現在の最新情報を紹介します。

 

Googleアドセンスとは?

AdSenseとは、グーグルが提供しているクリック報酬型の広告サービスです。

WordPressブログなどに貼った広告がクリックされることで(商品が売れなくても)ブログ運営者に報酬が入るというものです。

 

商品が売れてはじめて報酬が支払われる成果報酬型のよりも単価は低いものの、初心者でも稼ぎやすい仕組みです。

【2018年】Googleアドセンス審査を通過するブログの特徴

下記のようなブログがAdSense審査を通過するブログです。

  • 1つのテーマに特化したブログ
  • 独自ののヘッダー画像を使用
  • 1記事1,000文字以上
  • 引用はしない
  • 10記事以上
  • 更新頻度が高め
  • 読みやすい(赤字や太字、見出しなど)
  • 画像も使う(フリー画像 or オリジナル画像)
  • カテゴリー分け(3つ程度)
  • 各カテゴリーの記事数は3・3・4がベスト
  • グローバルメニューを設置
    ・目次
    ・お問い合わせ
    ・運営者情報
    ・プライバシーポリシー
  • サイドバー最上部にプロフィールを設置
  • デフォルトのテンプレートでない
    (有料/無料は問わずテンプレートは変更しておく)
  • 審査中も更新し続ける

それぞれ解説していきます!

1つのテーマに特化したブログ

審査に出すブログの記事は、バラバラのトピックを扱ったものではなく何か1つのテーマに特化したブログにしていきます。

 

これまでに審査を通過した実績のあるジャンルは

  • レシピ
  • 飲食店のレビュー
  • ガーデニング
  • DIY
  • 掃除、収納テクニック
  • 旅行
  • 育児、子育て
  • ダイエット
  • 映画レビューやあらすじまとめ
  • スポーツ観戦
  • スポーツ実践

などがあります。

 

1つに絞ったジャンルで10記事書いて審査に出し、審査中も記事を更新し続ける必要があるのでネタ切れしないためにもあなたが好きなことや得意なテーマを選ぶことが大事です。

 

ただし

あなたの得意ジャンルが芸能系であっても、芸能に特化したブログでAdSense審査に出すのは避けたほうが無難です。

独自のヘッダー画像を使用

ブログにオリジナリティを出すために、ヘッダー画像を設定します。

 

Photoscapeで作ったり、Excel(MacならNumbers)やPowerPoint(MacならKeynote)でだって簡単に出来てしまいます。

やり方が分からない場合は「ヘッダー画像 WordPress 簡単」などでネット検索して調べてみてください。

また「どうしても自信がない」ということでこちらの▼サイトで作ってもらった方もいました。

ココナラ – みんなの得意を売り買い スキルのフリーマーケット

こちらのサイトで頼むと、有料ではありますが一般的なデザイナーさんにオーダーするより格段に安いと思います。

1記事1,000文字以上

Google側としてはコンテンツの充実したブログに広告を貼って欲しいと考えるので、1記事の文字数は最低でも1,000文字を意識しましょう。

 

事実のみを述べているだけだと1,000文字に達しないことがあると思いますが、感想を盛り込んだり経験したエピソードを入れるなどの工夫をし、がんばって1,000文字以上にしたいですね。

 

WordPressで記事を投稿する方法をまとめました▼
WordPressのブログ記事投稿方法を分かりやすく解説!-基礎編-

引用はしない

他のサイトから文章を

引用

することも、審査に出すブログに関してはしない方が良いです。

(審査に通った後であれば、引用元を記載して普通に引用してOK)

コピペは審査に出す前/審査に通ってからを問わず絶対にNGです!

10記事以上

1,000文字以上で10記事…。

「好きなジャンルだから楽勝!」という方も「ちょっと大変」という方もいるかもしれませんが、アドセンス審査通過のためにがんばりましょう!

更新頻度が高め

できれば1日に1記事、少なくとも2〜3日に1記事は更新されているブログの方が「きちんと運営しているブログだ」ということがGoogleに伝わるため、審査に通りやすいです。

毎日コンスタントに1記事書くのが難しい場合は、

  • 書ける時に書き溜めておいて「予約投稿」機能を活用
  • 後から日付を変更

するなど、調整すれば大丈夫です!

読みやすい(赤字や太字、見出しなど)

ベタ打ちの記事ではなく、適度に赤字太字背景色を付けるなど文字装飾をしましょう。

文字装飾のしかた▼
TinyMCE Advancedの設定と使い方を解説!記事作成を簡単にしよう!

見出しの付け方▼
【ワードプレス】見出しタグ(h1等)の使い方!SEO効果を意識するならコレ!

画像も使う(フリー画像 or オリジナル画像)

記事の内容にマッチした画像を使いましょう。

画像の枚数はこんな感じ▼で、見出しごとに1枚が適当です。

アドセンス審査に通るブログの画像配置

見出しが3つに分かれた構造なら

  1. タイトル直下
  2. 第1見出し直下
  3. 第2見出し直下
  4. 第3見出し直下

というように4枚の画像を使うのが適切ですね。

WordPressのメディアライブラリに画像を保存する方法を解説!

カテゴリー分け(3つ程度)

例えばレシピブログであれば

  • 肉料理
  • 魚料理
  • 野菜料理

などです。

WordPressのデフォルトでは「未分類」となっていますが、カテゴリー分けされていた方が見やすいブログになるので審査に通りやすいです。

【WordPress初心者向け】カテゴリーの設定や編集方法を分かりやすく解説!

各カテゴリーの記事数は3・3・4がベスト

審査に出す時点で、例えば

  • 肉料理3記事
  • 魚料理3記事
  • 野菜料理4記事

というバランスで10記事書けているのがベストです。

グローバルメニューを設置

使っているテンプレートによって設定方法は違いますので「テンプレート名 グローバルメニュー」などで検索して

  • 目次
  • お問い合わせ
  • 運営者情報とプライバシーポリシー

を設定しておきましょう。

目次

目次の設定方法はこちら▼
PS Auto Sitemapでブログの目次を設定する方法と使い方を解説!

お問い合わせ

賢威7でグローバルメニューにお問い合わせを設置する方法はこちら▼
Xserver×賢威7×WordPress|問合せフォームをプラグインなしでグローバルメニューに設置する方法!

賢威を使っていなくて、グローバルメニューの設置方法が不明な場合は「テンプレート名 グローバルメニュー」などで検索してみてくださいね。

運営者情報とプライバシーポリシー

運営者情報というページを固定ページで作って、そこにプライバシーポリシーも載せてしまえばOKです。

例)

運営者情報

  • 運営者:美紀(←ハンドルネーム可)
  • 連絡先:○○○@gmail.com

プライバシーポリシー

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○。

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○。

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○。

 

プライバシーポリシー

当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用してブログに訪れたユーザー様が閲覧する他サイト(YouTubeやAdSense広告のあるサイトおよびブログ)の利用状況に応じ、興味のある広告を自動で配信しています。

そのためユーザー様の当ブログや他サイトへのアクセスに関する情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレス等は含まれません)を取得・使用する事があります。詳しくは以下のサイトをご覧ください。
http://www.google.co.jp/policies/technologies/ads/

当ブログおよび他サイトの閲覧に関する情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスは含まれません)を使用されたくない場合は、お手数ですが以下のサイトにて設定の変更をお願いします。
https://support.google.com/adsense/answer/113771?ref_topic=23402&rd=2

なお、これらについての詳細に関しては下記リンク内のAdSense広告「公式プライバシーポリシー」をご覧ください。
http://www.google.com/intl/ja/privacy.html

 

その際…

noindexとnoffolowにチェックを入れておきましょう。

サイドバー最上部にプロフィールを設置

目立つ所(サイドバーの最上部)にプロフィールを設置します。

WordPressサイドバーにプロフィール&画像を簡単に設置する方法

デフォルトのテンプレートでない

有料/無料は問わず、審査に出す前にテンプレートは変更しておきましょう。

WordPressにデフォルトで入っているテンプレートのままだと「いかにも立ち上げたばかりのブログ」という感じが拭えず、きちんと運営しているブログだとみなされないことがあります。

 

また、テンプレートはSEOにも影響します。

賢威テンプレートのWordPressでの使い方を解説!ヘッダ画像の設定も!

 

私はSEOテンプレート【賢威】 を使っているので賢威での設定方法を説明していますが、24,800円と決して安くはありません。

(1度購入すれば何個のブログに入れても追加料金が掛からないため結果的に割安になることは多いですが)

 

もし出費が厳しいようならもう少し安いテンプレートもありますし、無料のものでも大丈夫です。

有料のテンプレートではSANGOSealハミングバードがおしゃれで人気です。

無料のテンプレートだとSTINGERがデザインも優れていて良いと聞きます。

 

「収益○○円達成したから××のテンプレートを買った」など、ブログ運営の途中でテンプレートを変えると一時的に検索順位が下がるケースが多いので、頭の片隅に入れておかれると実際に順位が下がった時にうろたえなくて済むと思います。

一時的に順位が下る理由は、テンプレートを変えるとブログの構造が変わる場合が多いため、Googleのクローラー(検索エンジン上を巡回するロボット)が読み込みに戸惑うからだそうです。

 

私がSEOテンプレート【賢威】 を購入したタイミングについて聞かれることが多いので、こちらでお答えしておきますね。
私はブログを始めた時に初期投資の一環で購入しました。

初期のブログはSEOが弱いことを理解していたので「テンプレートに投資してSEOの底上げを図ろう!」と考えたからです。

また「ブログでテンプレート代を稼いでからテンプレートを変更」という考えも持っていませんでした。

やっとそのテンプレートに慣れてきた頃に、また新たなテンプレートの使い方を覚えたり色々と設定し直すのは非効率だと思ったからです。

審査中も更新し続ける

審査に出した後も、なるべく1日1記事は更新するつもりでいましょう。

上述の通り毎日コンスタントに1記事書くのが難しい場合は、

  • 書ける時に書き溜めておいて「予約投稿」機能を活用
  • 後から日付を変更

するなど、前もって作戦を練って調整していきたいですね。

もし審査に落ちてしまっても何度でも挑戦できるから諦めないで!

落ちてしまってから2週間空ければ再審査に出すことができています。

めげずにがんばりましょう!

さいごに

今日は、2018年5月現在のGoogle AdSense審査に関する最新情報を紹介しました。

 

グーグルの審査突破に役立ててくださいね。