こちらの記事では、WordPressで記事下に関連記事を表示させる方法を解説いたします。

 

関連記事を表示させるのに一般的な方法は

  • プラグインを使う
  • CSSを書き換える

の2種類ですが、賢威7のテンプレートを使っていればどちらも必要ありません!

 

プラグイン同士の相性が悪いと不具合が起こるため、WordPressに入れるプラグインは1つでも少ないに越したことないです。

それに「CSSを書き換える」という少しハードルの高い作業をしなくて済むので、こちらで紹介する方法はとってもオススメです。

 

賢威を使っていない方はこちらの方法で設定してみてください▼
WordPress Related Postsで関連記事を自動で表示する方法を解説!

 

関連記事をブログに表示させるメリットは?

関連記事を表示させておくことでサイト訪問者の直帰率を下げ、サイト巡回率を上げる効果があります。

ネットショッピングなどでも『この商品を見た人はこんな商品も見ています』のフレーズがあると、ついつい気になってクリックしちゃいますよね!

【賢威7】プラグインなしで関連記事を記事下に表示させる方法を解説!

賢威7の関連記事表示機能では、このように↓最大5つの記事を「関連記事」として表示させることができます。

賢威7zでプラグインなしで関連記事をWordPressの記事下に表示させる方法

ただし、関連する内容の記事が5記事以下の場合は表示される記事も5記事より少なくなります。

まず関連記事を設定するボックスを表示させる

この作業は1度しておくだけで、毎回やる必要はありません。

 

WordPressの記事投稿画面の右上の

賢威7zでプラグインなしで関連記事をWordPressの記事下に表示させる方法

「表示オプション ▼」をクリック

この時、画面の横幅を狭めて作業をしていると「表示オプション ▼」が表示されないことがあります。
「表示オプション ▼」が見当たらない場合は、一旦画面の横幅を広げてみてください。

 

賢威7zでプラグインなしで関連記事をWordPressの記事下に表示させる方法

関連記事設定にチェック

(チェックが入っている状態であれば、そのままで大丈夫です)

記事下に関連記事を表示させる方法

記事投稿画面の下の方に「関連記事設定」というボックスがあるので

賢威7zでプラグインなしで関連記事をWordPressの記事下に表示させる方法

上図のように展開されていない状態であれば「▼」をクリックして展開

(すでに展開されていれば、そのまま次に進んでください)

このように展開される

賢威7でプラグインなしで関連記事をWordPressの記事下に表示させる方法

同じカテゴリーの記事を関連記事として表示させたい場合
→カテゴリーにチェック

同じタグの記事を表示させたい場合
→タグにチェック

カテゴリーとタグの両方にチェックを入れた場合は

  1. カテゴリー
  2. タグ

の順に優先して関連付けられます。

それ以外の任意の記事を表示させたい場合
→記事タイトルと記事URLの欄にそれぞれ入力

 

プレビューで確認してみると…

賢威7でプラグインなしで関連記事をWordPressの記事下に表示させる方法

記事下に関連記事が表示されていますね。

 

関連記事▼

【WordPress初心者向け】カテゴリーの設定や編集方法を分かりやすく解説!

WordPressタグの正しい付け方!記事投稿画面での使い方を分かりやすく解説!

賢威7の関連記事の注意点は?

賢威7の機能で関連記事を表示させる場合、チェックを入れ忘れると関連記事が表示されません。

忘れずにチェックを入れましょう!

 

毎回チェックを入れるのが面倒だという方は、自動で表示されるように設定する方法があります。

関連記事 賢威 CSS 自動

などのキーワードでネット検索してみると自動で表示させるためのCSSについて紹介した記事があがってくるので、チャレンジしてみてくださいね。

さいごに

賢威7で関連記事を表示させる方法は

  • 「表示オプション ▼」→「関連記事設定」(初回のみ設定すればOK)
  • カテゴリーもしくはタグ(または両方)にチェック

です。

 

賢威を使っていない方はこちらの方法でプラグインを設定するのが一般的です▼
WordPress Related Postsで関連記事を自動で表示する方法を解説!