記事の目次を記事の冒頭部分に設置することで、その記事にどんな内容が書かれているかをブログ訪問者が全文に目を通さなくても把握することができます。

また、訪問者にとって飛ばしたい項目があれば飛ばして、読みたい情報により早くたどり着くことが可能になります。

 

こういったことは第一にユーザビリティの向上に役立ちますし、また、この目次を使用することで検索エンジンからの評価が上がりSEO対策としても大きな意味を持ちます。

 

ワードプレスの記事に目次を自動生成するのには、Table of Contents Plusなどのプラグインを使うのが一般化していると思います。

しかし賢威7のテンプレートを使っている方なら、プラグインを使わずに簡単に設定が出来てしまうんです!

 

その上、賢威サポートチームが目次機能を付けたきっかけがTable of Contents Plusとの相性が宜しくないからだという話もあるくらいですし、賢威7ユーザーなら是非この方法で目次を設定することオススメします^^

 

賢威7を使っていない方はこちらの記事を参考にしてみてくださいね☆

記事に目次を自動表示するTable of Contents Plusの使い方と設定

ちなみに、ここでいう目次とは↓コレ↓のことです!

 

賢威7でプラグインを使わずWordPressに目次を簡単に設定する方法を動画で解説!

賢威7でプラグインを使わずWordPressに目次を簡単に設定する方法を画像で解説!

WordPressダッシュボードの

ワードプレスに目次を自動生成する設定方法

「賢威の設定」→「賢威の設定」をクリック。

 

下の方にスクロールし、投稿ごとの目次を自動で生成するのところの

ワードプレスに目次を自動生成する設定方法

無効にするのチェックをオフ。

 

 変更を保存  をクリック。

 

たったこれだけで、目次が自動生成されています^^

 

これまで使っていたTable of Contents Plusなどのプラグインがある場合は、プラグインを停止させてくださいね。

私は以前Table of Contents Plusを導入していましたが「もう使うことはないだろうな」と考えたので、停止させた上に削除しました☆

完成形はこんな感じ!

上記の方法で設定しただけだとこんな感じで

賢威7で目次を好きな位置に表示させる方法

  1. 記事タイトル
  2. 目次(と記事上広告)
  3. 冒頭文

という順番になっています。

 

もしこんな感じの

賢威7で目次を好きな位置に表示させる方法

  1. 記事タイトル
  2. 冒頭文(と記事上広告)
  3. 目次

というレイアウトにしたい場合はこちらの記事を参考にして設定してみてくださいね^^

賢威7で目次を好きな位置に設定する方法!最初の見出しの前など!

さいごに

WordPress記事の目次は、賢威7があればプラグインを使うよりも更に簡単に設定できてしまいます☆

  • 賢威の設定のところでチェックをオフ
  • これまでプラグインを使っていた方は停止させる

プラグインは可能な限り厳選して、より身軽にワードプレスを運営していきたいものですね^^

 

賢威7を使っていない方はこちらの記事を参考にしてプラグインを設定してみてくださいね!

記事に目次を自動表示するTable of Contents Plusの使い方と設定

【WordPressを断捨離】賢威7があれば設定不要なプラグイン7選!