会社の不満・悩み

「会社辞めたい」と思っても限界まで頑張るべき?|新卒4ヶ月で退職&起業した私が思うこと

会社辞めたい、限界と思う会社員

「会社辞めたい!」と思ってもすぐに実行に移して退職する人はきっと多くないですよね。

自分で自分に「嫌なことが1つもない会社なんてある訳ないんだし、ひとまずこの会社で限界までがんばらなきゃ」と言い聞かせて我慢している方は少なくないでしょう。
また周りの人から「3年は続けるつもりで限界まで頑張ってみたら」なんて反対された方もいるでしょう。

私には新卒で正社員として入社した会社を4ヶ月ほどで退職した経験がありますが、家族に「会社辞めたいんだけど…」と相談した当時もやっぱり「限界までがんばってみなさい」と引き止められました。
結果として周りの反対を押し切り限界まで頑張ることはせず辞めた私ですが、総じて楽しい人生を歩んできました。

私が正社員を辞めた後は、

派遣社員として働き、契約期間満了まで働いて旅費を貯める→海外旅行に行くという生活を繰り返す(1日の短期も含めると30社以上で就業)

旅行に満足して再び正社員になる

2年足らずでリストラに遭う + 腹膜炎で手術・入院

というように一時はどん底を経験しましたが、退院後に体調が思うように回復しなかったことをきっかけに自宅でできるネットビジネスで起業しました。

今では体調も回復してビジネスも軌道に乗ってきましたが「会社を辞めたい」と考えている方のお役に立てばとの思いでこの記事を書いています。

「会社辞めたい」と思っても限界まで我慢してみるべき?

私は、「会社を辞めたい」という気持ちを抱いているなら限界まで我慢せずに心の声に従った方が良いと思います。

かつて働いていた派遣先で心や身体を壊してしまった方たちを目の当たりにしたことがあるんですが、その方たちはとてもつらそうだったからです。

その時のことはこちら↓にまとめました。

「会社に行きたくない」と涙が出る・吐き気を催すのは甘え?私は辞めても良いと思う会社に行きたくない!涙が出て吐き気もするのは甘えなんかじゃないと私は思います。...

私の思いの根底には「あなたが心や身体を壊してしまわないためにも、今の状況からは逃れてください」という考えがあります。
かと言って何のプランもなく会社を辞めることがベストだとも思わないので、私なりに思う対処法をお伝えしていきます。

新卒入社4ヶ月で退職した私の後悔は?

冒頭で「総じて楽しい人生を歩んできた」と書いた通り、新卒の会社を4ヶ月で退職した後悔はほとんどありませんでした。

たまに後悔したことと言えば、「○日から旅行に行くけど、その前日ぐらいまで短期の仕事に就ければ暇もせずお金も貯まるのにな〜」と思う時に限って、ちょうど良い仕事を紹介してもらえず、無職の期間ができてしまったことぐらいでしょうか。

ただ、かつての私のように何か目的があって派遣でいることを自ら望む方ばかりではないですよね。

そこで次の項からは「会社を辞めたい」と思った時に、取るべき行動について主に私が見てきたケースを(少々の一般論も混じえて)紹介していきます。

会社を辞めたいと思った時に取るべき4つの行動

部署の異動を申し出てみる

会社が合わないのではなくて、仕事内容や部署のカラーが合わないだけかもしれませんよね。

私の知り合いで、高学歴で学生時代に学んだことを活かした激務の部署で働いていた方がいますが、その方はうつ病の一歩手前まで行ってしまいました。

異動を申し出る前は異動後に給料が下がることを気にして奥さんに相談できずにいたそうですが、離婚覚悟で思い切って相談してみたら奥さんも賛成してくれて、無事に異動できたとのこと。
今その方は「バリバリの出世街道からは外れたけれど(←本人談)」平穏な会社員生活を送られています。

転職活動をして自分の市場価値を知る

これは私の友人知人でやっている人が多かった方法です。

実際に転職するまで行かなくても、転職サイトに登録するなどして自分の市場価値を知ることで、今の会社が自分をどう評価してくれているか分かりますよね。

例えば同業他社の求人情報で労働条件を見たり、スカウト機能であなたをスカウトしてくれた会社の条件を見てみて…
例えば「ウチって結構良い給料くれてんだ〜」と思えたら、今の会社でもう少し頑張るモチベーションが自然に上がることも考えられます。

それに、実際に面接を受けてみて落ちてしまった場合は逆に「今の会社で働くしかないのか〜」と諦めの境地になり、自然と「もうこれは割り切って働くしかないな」と吹っ切れることも考えられます。

現実を知って自然と今の会社で働くことに納得できたなら、それはそれでアリだと思います。

ただし、クドいほど自然を強調してきましたが…
今の会社を辞めずに続けるという判断は自然に思えた場合のみに限定した方が良いと思います。

実際に転職する

転職活動をする中で「条件が下がっても構わないから今の会社をとにかく辞めたい」とか「次が決まってなくても良いからこんな会社今すぐ退職したい」思ったのであれば、あなたの心が今の会社を辞めたい気持ちが相当強いことを意味しています。

そういう場合は、条件などは気にせず即退職することをオススメします。

もちろん、今の会社よりも好条件で職を変えることができるなら行動するに越したことはないです。

副業をする

副業が認められている会社に限った対処法ですが…
今の会社を辞めたいと思う理由が給与面の問題ならば、真っ先に副業を始めることをおすすめします。

また不満が給与面だけじゃない場合であっても、副業をして経済的に余裕が生まれることで精神面でも余裕が出て、会社を辞めたいと思う頻度が下がったという話を聞いたことがあります。
例えば「今までは同期の○○さんのことが苦手だったけど、副業を始めてからあんまり気にならなくなったな〜」というように。

この、周りのアラがあまり気にならなくなる現象は「○○さんよりも自分の方が稼いでいる」という余裕から生まれることがあります。
それに、副業が軌道に乗ってきたら会社を辞めることができますし、実際に辞めないにしても「いつでも辞められるんだ」という余裕が心の余裕となって「会社辞めたい」という部分にフォーカスされにくくなります。

さいごに

今日は、新卒4ヶ月で退職した経験を持つ私の視点で、「会社を辞めたい」と思った時に取るべき行動をお話しました。

私は限界まで頑張る必要はないと思います。
身体や心を壊してしまってはならないと思うからです。

でも、あなたの心身が限界とまで行っていない状況ならば、会社を辞める前に副業である程度稼げるようになってから退職するというのが理想的かと思います。

 

ちなみに、私がおすすめする副業はブログです。
私は今ブログ1本でOL時代の給料以上を家に居ながらにして稼いでいますし、副業として始めるにも持ってこいのビジネスだと思います。

下記の▼無料メルマガ▼では、私がどんな経緯で今の働き方を手に入れたかをお話しています!
ぜひ登録してみてくださいね。


■メルマガはメール内のリンクよりいつでも配信解除することができます。
■個人情報は厳重に管理し、プライバシーを遵守いたします。



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です