プラグイン

WordPress Related Postsで関連記事をブログに自動で表示する方法を解説!

今回はWordPress Related Postsという関連記事自動で表示させるプラグインの設定方法を解説します。

 

関連記事を表示させることでサイト訪問者の直帰率を下げ、サイト巡回率を上げる効果があります。

ネットショッピングなどでも『この商品を見た人はこんな商品も見ています』のフレーズがあると、ついつい気になってクリックしちゃいますよね!

 

ただしテンプレート(テーマ)によってはプラグインなしで簡単に関連記事を表示させることができます!

WordPressに入れるプラグインは1つでも少ないに越したことないので、JINの方は「関連記事の設定マニュアル」を、賢威の方は「【プラグインなし】賢威7で関連記事を記事下に表示させる方法!WordPress」を参考に設定してみてくださいね。

JINや賢威以外にもプラグインなしで設定できるテーマがあるかもしれないので、お使いのテーマのマニュアルを確認してみてください。

WordPress Related Postsで関連記事を表示するための設定方法を動画で解説!

WordPress Related Postsで関連記事を表示するための設定方法を画像で解説!

WordPressのダッシュボードからWordPress Related Postsプラグインをインストールして有効化。

有効化までを画像で解説したページはこちら→WordPressにプラグインをインストールし有効化する方法

 

ダッシュボードの

「設定」→「WordPress Related Posts」を順にクリック。

 

Related Posts Title タイトルとして一般的なのは、
関連記事はこちら、関連記事、こちらの記事もおすすめです、こちらも読まれています、Related Posts、Recommendedです。
Number of Posts 表示させたい関連記事の数を入力。

「Advanced settings」のをクリック。

ThemesやCustomizeはデフォルトでOKかと思いますが、日付やコメントを表示させることもできますので、お好みでどうぞ。


もし関連記事に表示させたくないカテゴリがある場合は、Other SettingsのExclude these Categoriesでチェックを入れると表示されなくなります。

 Save changes  をクリック。

 

以上で、WordPress Related Postsの設定は終わりました。

さいごに

関連記事を表示させることはサイト訪問者の直帰率を下げ、サイト巡回率を上げる効果があるのでぜひ設定しておきたいですね。

お疲れ様でした!


■メルマガはメール内のリンクよりいつでも配信解除することができます。
■個人情報は厳重に管理し、プライバシーを遵守いたします。



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です