ブログを書いてトレンドサイトを運営するにあたり悩ましいのは、自分が書いた記事を誰かにコピーされてしまうことですよね。

 

こちらの記事では、コピペ防止に有効なプラグイン【WP-Copyright-Protection】の設定方法と使い方を紹介します。

コピーされた側がペナルティにあう可能性もある

他人が書いた記事をコピー&ペーストして使うことは絶対にやってはいけない行為ですが、自分がコピペされる側になることもあります。

 

普通に考えると、自分にやましいところがなければ堂々としていれば良いはずなのですが、インターネットビジネスの世界では必ずしもそうとは限りません。

Googleの判断基準はブログを書いた時間ではなく、インデックスされた時間の遅い側がコピーをした側だとみなされてしまうのです(>_<)

先に文章を書き終えたのはあなただとしても、たまたまブログのインデックススピードが遅かった場合は、コピーされた側なのにも関わらず逆にコピーした側だとみなされてGoogleからペナルティを受けてしまう可能性も十分にあり得ます。

 

文章をコピペされてしまった上にGoogleからもペナルティを受けてしまうなどというダブルパンチを受けないためにも、WP-Copyright-Protectionを設定しておきましょう^^

WP-Copyright-Protectionの使用方法を動画で解説!

WP-Copyright-Protectionの使用方法を画像で解説!

WordPressのダッシュボードからWP-Copyright-Protectionプラグインをインストールして有効化。

有効化までを画像で解説したページはこちら→WordPressにプラグインをインストールし有効化する方法

 

WP-Copyright-Protectionは有効化するだけで機能し始め、

  • 文章の上でのドラッグ
  • 右クリック

を出来なくして、コピペを防止することができるようになります。

 

次に、その他の設定について説明します。

WP-Copyright-Protectionのその他の設定について

WP-Copyright-Protectionのその他の機能として、

  • コピペを禁止にしない記事の登録
  • ブログにログインしている執筆者にコピペを許可するか

を設定することもできますので、必要に応じて設定してみてくださいね。

 

例えば旅行ブログを運営している方なら、読者にホテル名や地名を自由にコピーしてもらいたい場合もあるでしょう。

私のこのブログも、プラグイン名などを自由にコピペできるようにしていた方が読者さんにとって便利の利便性が高いと思い、WP-Copyright-Protectionを導入していません。

また、執筆者にだけはコピペを許可していた方が作業がしやすいケースは多いです。

 

では、設定のしかたを説明します。

 

WordPressのダッシュボードから
「設定」→「WP-Copyright-Protection」をクリック。

Exclude Pages コピペ禁止にしない記事の記事ID(すぐ下で説明しますね)を入力。
執筆者にコピペを許可  赤いのところ(Toggle)にチェックを入れる。

 変更を保存  をクリック。

 

記事IDとは
記事作成画面でのアドレスバーの、post= のすぐ右の数字です。

 

また、コピペ禁止にしない記事が複数ある場合は , (カンマ)で区切って入力してください。

さいごに コピペを100%防ぐことは不可能

WP-Copyright-Protectionを導入することで、基本的にコピペによるコピー被害は防ぐことができます。

 

しかし、文章自体のコピーを100%防ぐことは不可能です。

なぜなら、あなたの書いた文章を見てそっくりそのままタイピングされるかもしれないですし、画像をキャプチャーして使われることだってあり得るからです。

 

とはいえ、コピペをしようとする”ならず者”を少しでも遠ざける効果は期待できますよね。

そもそも他人の記事をコピペしようとする人は、きっと見ながらタイピングすることすら面倒に感じるタイプでしょうから、コピペ不可のブログからは去ってくれる可能性が高いでしょうから。

 

大切なブログを守る意味でも、WP-Copyright-Protectionを導入しておきましょう^^