AdSense Managerは、ワードプレスに広告を表示させるプラグインとしてとても便利なのですが、最近では検索しても見つからないですよね。

 

さらには、AdSense Managerが5年以上更新されていないせいで、2017年に入ってからサーバーのPHPバージョンとの互換性もなくなってきて、ImportしようとするとFatal errorが出るようになってきました(>_<)

 

そこで、代わりとなるAdSense Plugin WP QUADSというプラグインの設定方法と使い方を解説いたします!

AdSense Plugin WP QUADSAdSense Managerと使用感が似ているので、AdSense Managerから移行した方にとってもとても使いやすいです。

 

ただし賢威7を使っている場合は、AdSense Plugin WP QUADSよりも賢威にあらかじめ付いている機能が断然オススメですので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね!

AdSense Managerの代わりに賢威7「共通コンテンツ」で広告を挿入!

 

AdSense Managerの代わりとなるAdSense Plugin WP QUADSの設定方法を画像で解説!

AdSense Plugin WP QUADSの設定は、GoogleのAdSense一次審査が通っている(広告コードを保有している)ことが前提となります。

こちらの記事では、テキストとディスプレイ広告(レクタングル大)という種類の広告コードを貼る前提で解説していきます。

ワードパッド/メモ帳などで下準備

下準備としてWordかワードパッド、またはメモ帳など(何でも良いです)に

<p style=”text-align: center;”><span style=”color: #999999;”>スポンサーリンク</span></p>

または

<p style=”text-align: center;”><span style=”color: #999999;”>広告</span></p>

をペーストしておいてくださいね。

 

この下準備をする理由は下記の2つです。

理由1
アドセンス広告の規約で「誤クリック防止のために広告またはスポンサーリンクという広告ラベルであれば表示させても良い」ことになっているため。

逆に広告またはスポンサーリンクというラベルは表示しなくても良いのですが、私は「誤クリック防止の意味でラベルを付けた方がブログ読者にとっても親切かな」と考えます。

ちなみに、少し前まではSponserd Linkまたはスポンサーリンクの記載を入れて下さい義務化されていましたが、2017年6月現在は入れなくてよい運用となっています。

理由2
<span style=”color: #999999;”>というのはフォントをグレーにするという意味です。

あまりハッキリした色の広告ラベルを付ける必要はないかと思うので、グレーにしました

 

Google AdSenseで広告コードを取得

Google AdSenseにログイン。

「広告の設定」→「広告ユニット」を順にクリック。

 

初めて「テキストとディスプレイ広告(レクタングル大)」の広告コードを取得する場合

広告コードを既に取得してある場合は、こちらへ飛んでくださいね。

賢威7の共通コンテンツで広告を表示させる方法

「新しい広告ユニット」をクリック

 

WP QUADSの設定方法

テキスト広告とディスプレイ広告をクリック

 

広告コードの設定方法

名前:適宜付ける(管理しやすい名前でOKです。)

レクタングル(大)をクリック

 保存してコードを取得 をクリック

こちらまで飛んでください

広告コードを取得してある場合

「コードを取得」をクリック。

 

赤枠内の広告コードをコピー。

 

先ほど下準備の段階でWordやメモ帳に貼り付けておいた

<p style=”text-align: center;”><span style=”color: #999999;”>スポンサーリンク</span></p>

の下に広告コードをペースト

こんな感じになるはずです↓

<p style=”text-align: center;”><span style=”color: #999999;”>スポンサーリンク</span></p>
<script2c aaaaaabccscript>
<– 12345678う90 —
<dffpka5$g ???aaaa”
stいjafoijediあdalj:bojhいk”
jda6-ald-1lkdtd=”aaaaaaaaaa
oお0dafa-tjfareif>v
</script>

 

コードを全てコピー

AdSense Plugin WP QUADSをワードプレスに設定し、コピーしたコードをペースト

WordPressのダッシュボードからAdSense Plugin WP QUADSプラグインをインストールして有効化。

有効化までを画像で解説したページはこちら→WordPressにプラグインをインストールし有効化する方法

 

WordPressダッシュボードの

WP QUADS

「WP QUADS」→「Ad Settings」をクリック

 

WP QUADSの設定方法

「ADSENSE CODE」タブをクリック

 

WP QUADSの設定方法

「Ad1」の右側の矢印マークをクリック

もし2つ目の広告を設定する場合は「Ad2」を、3つ目の広告を設定する場合は「Ad3」をクリックしてください。

「Plain Text / HTML / JS」が選択されていることを確認した上で

WP QUADSの設定方法 枠内に、先ほどコピーしたコードをペースト

 

Layoutのところで

WP QUADSの設定方法

中央のものをクリック →  変更を保存  をクリック

 

これで、AdSense Plugin WP QUADSの設定は終わりました。

AdSense Managerの代わりとなるAdSense Plugin WP QUADSの使い方を画像で解説!

AdSense Plugin WP QUADSの基本的な使い方

WordPressダッシュボードの

WP QUADS

「WP QUADS」→「Ad Settings」をクリック

 

WP QUADSの設定方法

「ADSENSE CODE」タブをクリック

 

WP QUADSの設定方法

「Ad1」の右側の矢印マークをクリック

 

WP QUADSの使い方

ショートコードをコピー

 

ワードプレスの記事作成画面で

WP QUADSの使い方

広告を表示させたい場所にショートコードをコピー

 

プレビューしてみると

WP QUADSの使い方

このように広告が表示されています!

AdSense Plugin WP QUADSの時短の使い方

WP QUADSの画面からショートコードを毎回コピーしてくるのは大変なので、パソコンに単語登録しておくことをおすすめします。

 

私のパソコンの場合は、ツールバーの「あ」をクリックし

単語登録

 「単語登録」をクリックして

『あど』と入力すると変換候補に[ quads id =1 ]と上がってくるように登録しています。

 

『あど』でなくても『こう』等で辞書登録するのも良いと思います。(『こうこく』でも悪くないですが、文字数が長いので時短向きではないです)

パソコンや文字入力システムの環境によって違うかもしれませんが、参考までにどうそ。

さいごに

AdSense Plugin WP QUADSAdSense Managerと使用感がほとんど同じですので、簡単に広告を表示させることができると思います。

 

 

ただし冒頭でもお伝えしましたが、賢威7を使っている場合は、賢威にあらかじめ付いている機能が断然オススメですので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね!

AdSense Managerの代わりに賢威7「共通コンテンツ」で広告を挿入!