こちらの記事では、エックスサーバーサーバーを契約し、ドメインの設定をするまでを解説いたします。

 

数あるサーバー会社の中でもエックスサーバーは評判が良かったことがきっかけで私も使うようになりました。

カスタマーサポートも親切で助かっています!

 

ドメインについてもたくさんの会社がありますが、私はサーバーと同じエックスサーバーで取得しています。

かつてエックスサーバーのサーバーに別会社で取得したドメインを設定したこともあるのですが、少しだけ手間だったからです。

私はドメインとサーバーを同じ会社で契約することをおすすめしています。

 

こちらの手順は、理解しながらやったり覚えようとしなくて大丈夫!

淡々と設定していってくださいね。

 

エックスサーバーでサーバーを契約する流れを画像で解説!

エックスサーバーでサーバーを契約する際は、直接エックスサーバーのホームページにアクセスするよりもA8.netのセルフバックを使うとあなたに成果報酬(2,858円)が返ってきます。

ちょっとしたお小遣いになるので嬉しいですね。

 

【アフィリエイトA8.net】日本最大級の広告数・サイト数のアフィリエイトサービスにログイン。

 

エックスサーバー,ドメイン,設定,契約

「セルフバック」をクリック。

 

エックスサーバー,ドメイン,設定,契約

検索バーに「エックスサーバー」と入力。 →「検索」をクリック。

 

エックスサーバー,ドメイン,設定,契約

「詳細を見る」をクリック。

 

エックスサーバー,ドメイン,設定,契約

「お申し込み」→「お申し込みフォーム」をクリック。

または

エックスサーバー,ドメイン,設定,契約

「お申し込み」ボタンをクリック。

 

エックスサーバー,ドメイン,設定,契約

(新規の方は)左側の「サーバー新規お申し込み」をクリック。

 

 

 

エックスサーバー,ドメイン,設定,契約

サーバーID 3文字以上12文字以内で決めて入力。
IDは他人に開示しない部分なので、好きな言葉や覚えやすいものでOKです。
プラン

X10を選択。
プランはx10、x20、x30とあり、プランが上がるにつれて使用できる容量と金額が上がります。

容量は200GB→300GB→400GBと上がっていきますが、最初のうちはx10の200GBで十分です。

プランは後からでも簡単に変更することができるので、x10の容量では対応しきれなくなってきたらx20に変えればOK。

まずはx10で契約すれば大丈夫です。

 

その下も入力フォームの指示に従って入力していきます。

利用規約や個人情報の取扱に同意したら「同意する」にチェック。

 お申し込み内容の確認  をクリック。

 

登録が完了すると、登録したメールアドレスにエックスサーバーからメールが届きます。

 

メールの件名は
『【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ (試用期間)』で、
ユーザーアカウント情報が載っているので大切に保管しましょう。

 

パスワードなどはワードやメモ帳などに保存したり、ノートに手書きでメモしておけば、ログインする時にわざわざメールを探さなくても良いので便利ですね。

 

試用期間が10日間ありますが、期間内に料金の支払いを忘れず行いましょう。

 

料金の支払いは、インフォパネルの

エックスサーバー,ドメイン,設定,契約

「料金のお支払い」からできます。

 

以上でエックスサーバーの新規契約方法の解説は終了です。

お疲れ様でした。

 

続いて、ドメイン取得の説明に移ります。

エックスサーバーでドメインを取得する流れを画像で解説

エックスサーバーは頻繁に「サーバーを契約するとドメイン1つプレゼント」というキャンペーンを行っています。

 

キャンペーンを利用する場合

エックスサーバー,ドメイン,設定

「キャンペーンドメイン」をクリック。

 

ちなみに「キャンペーンドメイン」のすぐ上の「プレゼントドメイン」はX20やX30のプランを契約した方向けのキャンペーンのようで、クリックしても「お客様は対象外です」というようなメッセージが出てしまいます。

 

キャンペーンを利用しない(キャンペーンを行っていない)場合

エックスサーバー,ドメイン,設定,契約

「追加のお申し込み」をクリック。

 

エックスサーバー,ドメイン,設定,契約

「新規取得」をクリック。

 

キャンペーンを利用する場合・しない場合 共通

エックスサーバー,ドメイン,設定,契約

「独自ドメイン」欄に、取得したいドメインを入力

 

 

ドメインとは?

当ブログでいうbehappier-mikiの部分です。

 

ドメインの付け方

トレンドブログ 季節ネタや芸能、お役立ち記事など、内容ごちゃまぜタイプ

避けた方が良い語句(geinou、trend、entame、scoop、trend-news、gossipを避けて、適宜付ける。

運営者の名前やニックネームはまず入れない。
トレンドブログはAdSense広告を貼って収益を上げていくものなので、そのブログをあなたが運営しているということを人に知らしめる必要はないですし、むしろ自分のトレンドブログは人に教えない方が良いという意見まである程です。

トレンドアフィリエイトでドメイン名を付ける時の注意点!決め方に意外な落とし穴が?

特化型ブログ 「カナダ旅行」や「双子の子育て」など、あるものに特化したブログ

ブログの内容に合わせて付ける。

運営者の名前などを入れるかは運営者次第です。
特化ブログも
AdSense広告を貼って収益を上げていくという性質を持っているということは念頭に置いた上で考えると良いでしょう。

情報発信ブログ 当ブログのようなサイト

伝えたいものや信念を織り交ぜて付ける。

運営者の名前やビジネスネームを入れることも多い。

 

▼をクリックして、トップレベルドメイン(当ブログでいう.comの部分)を選択

「検索」をクリック

既に他の人が取得していなければ「この独自ドメインは申し込むことが可能です!!」と出ます。

「*****.***を申し込む」をクリック

申し込み後、登録メールアドレス宛に「ドメイン新規取得お申し込み受付完了のお知らせ」というメールが来ます。

 

キャンペーンのドメインは支払い不要ですが、キャンペーンでないドメインを取得した場合は支払い手続きが必要です。

 

支払い手続きは

エックスサーバー,ドメイン,設定,契約

「インフォパネル」の「料金のお支払い」からです。

エックスサーバー側が支払いを確認すると「ドメイン取得完了のお知らせ」というメールが届きます。

 

以上が、エックスサーバーでのドメイン取得の流れです。

 

続いて、セキュリティに関する重要な設定(SSL化)をしていきます。

サイトのSSL化

SSL化は、ブログを運営するにあたり大事な作業です。

自体はとても簡単なのでこちらの記事▼を参考にしながら設定してみてくださいね。

【エックスサーバーSSL化の方法】新規WordPressならhttps化が超簡単!

さいごに

サーバードメインなど、慣れない設定ばかりで大変だったかもしれませんが、やっているうちに不思議と慣れてくるものです。

私もチンプンカンプンなところからスタートしましたので、一緒にがんばっていきましょう。

 

お疲れ様でした。